Menu
(0)

Search

リブート版『スポーン』に「もうすぐビッグニュース」、 脚本の一部も公開される

スポーン

原作者トッド・マクファーレン自身によるリブート映画の製作が進められるアメコミ原作作品スポーンから、脚本原稿の一部が公開された。同プロジェクトが着々と進行中であることが印象づけられた。

「もうすぐビッグニュースがあるよ!」との予告と共に、トッド氏が自身のパソコンの画面を撮影した写真で明かされた『スポーン』脚本の内容は、どうやら射撃練習場の射撃ブースとロッカーで展開されるトゥイッチ・ウィリアムズとダニーというキャラクターの会話シーンのようだ。トゥウィチはシリーズに長く登場する狙撃手で、元ニューヨーク市警の刑事。公開された脚本原稿では、トゥイッチが射撃ブースで凄腕の射撃テクニックを見せたことが語られている。

一般的なアメリカのコミックはキャラクターの権利が出版社に帰属することで知られるが、『スポーン』のイメージ・コミック社では日本の慣わし同様にアーティスト自身が著作権を持つ。そのためこの度のリブート版『スポーン』は、産みの親であるトッド・マクファーレン自身が映画製作を手がけているというわけだ。トッド氏はこれまでに、今回のスポーンは1997年の同名実写映画とは関係を持たないこと、また「素晴らしいストーリーとクソ怖いシーンが続けばずっと観続けられる」とし、スポーンの誕生物語は描かないと明かしている。また、キャラクター以外は映画オリジナルのストーリーになるとも語っている。

現在、キャスティング情報などは明かされていないが、映画『スポーン』は2019年の公開予定と伝えられている。まずは間もなく明かされるとされる「ビッグニュース」を待ちたい。どうやらこの脚本を執筆する際、レオナルド・ディカプリオをイメージしながら書いたというが…?

Source:https://twitter.com/Todd_McFarlane/status/934151337419317248/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly