Menu
(0)

Search

ライミ版『スパイダーマン』20周年、トビー・マグワイア「感謝の気持ちでいっぱい」

スパイダーマン
MOTION PICTURE (C)2002 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. SPIDER-MAN CHARACTER TM AND (C)2002 MARVEL CHARACTERS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

大いなる力には、大いなる責任が伴う──。

現代にまで続くアメコミ映画ブームの火付け役のひとつであるサム・ライミスパイダーマン第1作が2002年に公開されてから、早20周年となった。トビー・マグワイアが演じた優しい青年ピーター・パーカーは、立派な大人となって『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)にも登場。当時のファンから現代の若いファン、さらにネッドのお母さんからも含め、老若男女に愛される永遠のヒーローだ。

そんなマグワイアが、出演作『バビロン』のプロモーションで米ネット掲示板のAMA企画(Ask Me Anything)、日本で言うところの「◯◯だけど質問ある?」の本人降臨企画に登場。あるファンからの「ライミ版のオリジナル『スパイダーマン』がデビューしてから20年が経ちました。今も色あせない3部作の魅力や、今もファンに愛されていることについて、どう感じていますか?」とのナイスな質問に、マグワイアは次のような想いを語った。

「皆さんとはたくさんの忘れられない思い出があります。皆さんがあの映画にどんな思い入れをお持ちかを、たくさん共有してもらいました。道で偶然会った人が驚いてくれたり、辛い時に助けてもらいましたと話してもらったりと、笑いあり感動ありの出来事もありました。とても嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいです。特に子どもたちは、まるで魔法のように目をキラキラさせてくれて、感動的です。」

20年の年月が流れ、当時子どもや少年少女だったファンも、今では大人になって『ノー・ウェイ・ホーム』を鑑賞したことだろう。1作目当時は27歳だったマグワイアも、今では47歳。『スパイダーマン』以降は『華麗なるギャツビー』(2013)などに出演しつつ、プロデュース業が中心となった。『ノー・ウェイ・ホーム』ではやや久々の(実写)俳優業復帰を果たし、最新作『バビロン 』では妖しい存在感を放っている。

マグワイアの『スパイダーマン』は4作目の製作が準備されていたが、お蔵入りのため幻と消えた。『ノー・ウェイ・ホーム』の大ヒットで再注目されると、ライミ監督は「もしやるなら、トビーとやる」と再タッグを熱望。同作ではヴァルチャーやミステリオが登場予定となっており、当時制作されたヴァルチャーの翼のコスチューム写真も発掘されている

Source:Reddit

スパイダーマンTM トリロジー ブルーレイ コンプリートBOX

価格:¥5,800+税

発売・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

セルブルーレイ品番:BPBH-1154

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly