Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』トム・ホランド、ゼンデイヤからファン対応の秘訣を伝授されていた ─「昔は嫌な感じだったと思う」

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ レッドカーペット
©THE RIVER

世界的有名人にもなれば、街中で声をかけられることだったり、サインや写真を求められたりすることも少なくないだろう。もちろん、『スパイダーマン』シリーズなどのトム・ホランドもそのひとりだ。

トム・ホランドといえば、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のジャパン・プレミアで雨に濡れながらも笑顔で対応するなど、ファン対応は昔ながら完璧と思われていた。ところが、英GQのインタビューにて、「ファンの前では時々、嫌な感じだったと思う」と自身の対応を振り返っている。「ファンにサインとか写真を求められたりすることにいつも驚いていました。ロンドン人の典型的な反応ですよ。“なんで僕に話しかけるんですか?”みたいな」。

そんなぎこちないファン対応に変化を与えるきっかけを作ったのが、『スパイダーマン』シリーズの共演者である、ゼンデイヤだったという。「ゼンデイヤとの話が本当に役立ちました」。幼い頃から芸能界で幅広く活動しているゼンデイヤ。一体、どんなファン対応の秘訣を教えてあげたのだろうか。

「(対応している)僕の姿をみたゼンデイヤが、それだと単に笑顔で写真を撮るよりも反感を買ってしまうと教えてくれたんです。彼女のおかげで公の場でもっと気楽に振る舞えるようになりましたよ。」

『スパイダーマン』シリーズ第3作『Spider-Man: No Way Home(原題)』は、2021年12月17日に米国公開予定。トム・ホランドやゼンデイヤをはじめ、ジェイコブ・バタロンが続投する。また新たな出演者として、『スパイダーマン2』(2004)でドクター・オクトパス役を演じたアルフレッド・モリーナと、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)エレクトロ役を演じたジェイミー・フォックスの復帰が判明しており、“スパイダーバース”実現の可能性が囁かれている。

Source: GQ

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly