Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』トム・ホランド、ゼンデイヤからファン対応の秘訣を伝授されていた ─「昔は嫌な感じだったと思う」

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ レッドカーペット
©THE RIVER

世界的有名人にもなれば、街中で声をかけられることだったり、サインや写真を求められたりすることも少なくないだろう。もちろん、『スパイダーマン』シリーズなどのトム・ホランドもそのひとりだ。

トム・ホランドといえば、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のジャパン・プレミアで雨に濡れながらも笑顔で対応するなど、ファン対応は昔ながら完璧と思われていた。ところが、英GQのインタビューにて、「ファンの前では時々、嫌な感じだったと思う」と自身の対応を振り返っている。「ファンにサインとか写真を求められたりすることにいつも驚いていました。ロンドン人の典型的な反応ですよ。“なんで僕に話しかけるんですか?”みたいな」。

そんなぎこちないファン対応に変化を与えるきっかけを作ったのが、『スパイダーマン』シリーズの共演者である、ゼンデイヤだったという。「ゼンデイヤとの話が本当に役立ちました」。幼い頃から芸能界で幅広く活動しているゼンデイヤ。一体、どんなファン対応の秘訣を教えてあげたのだろうか。

「(対応している)僕の姿をみたゼンデイヤが、それだと単に笑顔で写真を撮るよりも反感を買ってしまうと教えてくれたんです。彼女のおかげで公の場でもっと気楽に振る舞えるようになりましたよ。」

『スパイダーマン』シリーズ第3作『Spider-Man: No Way Home(原題)』は、2021年12月17日に米国公開予定。トム・ホランドやゼンデイヤをはじめ、ジェイコブ・バタロンが続投する。また新たな出演者として、『スパイダーマン2』(2004)でドクター・オクトパス役を演じたアルフレッド・モリーナと、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)エレクトロ役を演じたジェイミー・フォックスの復帰が判明しており、“スパイダーバース”実現の可能性が囁かれている。

Source: GQ

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly