Menu
(0)

Search

スパイダーマンのMCU離脱騒動、ソニーには離脱後の「素晴らしいアイデア」あった ─ トム・ホランド「ディズニーとソニー、どちらにも最高のシリーズに」

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2019 MARVEL.

2019年8月、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)を最後に、スパイダーマンマーベル・シネマティック・ユニバースを離脱する可能性が報じられた。理由は、MCUを指揮するマーベル・スタジオと、『スパイダーマン』シリーズのソニー・ピクチャーズが契約をめぐって対立したこと。結果的に両社は再交渉に至り、無事に『スパイダーマン』第3作を共同製作することを決定したが、メディアやファンの間には大きな動揺が広がった。ピーター・パーカー/スパイダーマン役のトム・ホランドでさえ、それは同じだったという。

けれども当時、ソニー側にはスパイダーマンがMCUを離脱する場合に備えて「素晴らしいアイデア」があったという。MTV Internationalの取材にて、トムは「スパイダーマンがMCUに復帰できてうれしいですか?」との質問に「もちろん、とてもうれしいです」と応答。しかしその一方で、仮にマーベルとソニーの交渉が決裂した場合にも心配はなかったとの旨を語っている。

「でも、スパイダーマンの未来はとっても明るかったんですよ。“どうやったらスパイダーマンをMCUの外に出すことができるのか”という点で、とっても素晴らしいアイデアがありましたから。トム・ロスマン(ソニー・ピクチャーズ社長)とエイミー・パスカル(製作)には、自分たちは正しいことをやれる、スパイダーマンにふさわしい映画を作れるという確かな自信があったんです。」

実際、マーベルとソニーの対立が報じられた直後に、トムは『スパイダーマン』第3作の計画が始まっていることを認めていた。ファンを安心させるかのように、トムは「すごく特別な作品に、まるで新しい作品になる」「最高の、楽しい映画になる」と語りつつ、新キャラクターとのクロスオーバーのアイデアもあるとして「(シリーズは)さらに大きく、もっと良く、素晴らしくなっていく」と断言していたのだ。この時、おそらくソニー側はMCU離脱後のプランを練っていたと思われる。

もっともトムは、スパイダーマンがMCUから離脱せずに済んだことを心から喜んでいる。「だって僕は、今のスパイダーマンが属しているのはMCUだと思っていたから」。何を隠そう、トムはマーベルの親会社であるウォルト・ディズニー・カンパニーとソニーの間に入って“お願い”をしていたとも伝えられているのだ。

「ボブ・アイガー(ディズニー前CEO)とトム・ロスマンには、スパイダーマンが家(home)に帰るプロセスに僕を混ぜてくれて感謝してます。すごく良い経験になったし、僕史上、一番自慢できることにもなったから。“僕がスパイダーマンを救ったんだよ”って。」

当時、トムはディズニー側からアイガー氏の電話番号を入手し、電話で直接話し合っていた。折悪く、アイガー氏が電話をかけた際にトムは酔っ払っていたというが、それでも話し合いは無事に進んだのである。先日、アイガー氏はTwitterにて「スパイダーマンの件で、トムがビールを一杯おごると約束してくれました」記していたが、この約束もまた事実なのだそうだ。

「数日前、ロサンゼルスでボブ・アイガーにお会いした時、“ロンドンに来てくださった時、パブで一杯おごりたいと思ってます”と言いました。僕たちがスパイダーマンについて言えることは、ディズニーとソニー、どちらにとっても最高のシリーズであり続けるってことですね。」

ソニー製作の『スパイダーマン』シリーズとしては、『ヴェノム』(2018)と続編『ヴェノム2(仮題)』のほか、ジャレッド・レト主演の『モービウス』が待機中。『モービウス』には『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のマイケル・キートンが再登場することも判明しており、MCUとの関連性に注目が集まっている。トムが言うところの、ソニー側が検討していた「素晴らしいアイデア」の一端は、きっと遠からず明かされるはずだ。ファンが期待してやまない「スパイダーマンvsヴェノム」も、いずれどこかで実現されるのだろうか。

映画『スパイダーマン』第3作(タイトル未定)は2021年7月16日に米国公開予定。この作品のあと、スパイダーマンがMCUに残るのか、それとも今度こそ離脱となるのかはわかっていない。

あわせて読みたい

Source: MTV International, Bob Iger

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly