Menu
(0)

Search

スピルバーグ、『インディ・ジョーンズ』続編2019年に撮影開始、リメイク版『ウエスト・サイド物語』も準備開始

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

目下、ハリソン・フォード主演による冒険映画の金字塔的シリーズ最新作インディ・ジョーンズ第5作、およびブロードウェイの大ヒットミュージカルの映画版ウエスト・サイド物語(1961)といった巨大プロジェクトを両脇に抱えるスティーブン・スピルバーグ監督。The Hollywood Reporterの報告によると、このうちスピルバーグが先に進めるのは『インディ・ジョーンズ』最新作となるようだ。2019年に主要撮影を開始し、2020年7月10日の全米公開を目指す。

『インディ・ジョーンズ』第5作は、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)以来12年ぶりの新作。『クリスタル・スカルの王国』で主人公インディアナ・ジョーンズの息子であるマット・ウィリアムズ役を務めたシャイア・ラブーフは出演しない

これに加え、『ウエスト・サイド物語』製作準備も水面下で同時進行中だ。同報道によれば、スピルバーグ監督は今週(2018年1月第4週)よりキャスティングを開始したという。同作主要キャラクターのマリアはミュージカル版ではラテン系であるが、1961年の映画版ではアメリカ人のナタリー・ウッドが演じていた。また、歌唱シーンでは別の歌手(マーニー・ニクソン)に吹き替えられていたことも知られる。この度のキャスティング募集では、マリア役には“歌唱力必須、スペイン語必須”と掲げているという。白人至上主義が指摘されるハリウッドにおいて、今作は本来の人種に忠実となる見立てだ。The Hollywood Reporterは「メジャー・スタジオにとっては目覚ましい動きだ」と書いた。

それにしても、御年71歳(2018年1月現在)ながらなおも大作企画を同時進行させるスティーブン・スピルバーグのバイタリティたるや。日本では、監督最新作『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』が2018年3月30日から、続いて『レディ・プレイヤー1』が4月20日から公開を迎える。『ペンタゴン・ペーパーズ』は、先ごろ発表された第90回アカデミー賞で、作品賞および主演女優賞にノミネートされた。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』公式サイト:http://pentagonpapers-movie.jp/

Source:https://www.hollywoodreporter.com/news/west-side-story-steven-spielberg-looks-spanish-speaking-actors-his-remake-1078559

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly