Menu
(0)

Search

ウィレム・デフォー、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』トム・ホランドの演技を称賛

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に主演するスパイダーマン/ピーター・パーカー役のトム・ホランドが、グリーンゴブリン/ノーマン・オズボーン役でカムバックし、俳優として大大大大先輩にあたるウィレム・デフォーに称賛されている。

GQのインタビューに応じたデフォーがホランドとの共演について、「私は、彼の自己鍛練と役への献身を高く評価しています。そして、身体的にも彼は素晴らしかったです」と称賛の意を表している。

また、66歳のデフォーはカメオ出演や小さな役を演じることに関心がなく、自分でスタントをする必要があるとも語っている。

アクション・シークエンスをやるのは楽しいですし、それをできる力量があることもいいですね。私は予算にチャレンジを強いられた映画を数多く作ってきましたが、技術的なことに全て対応できるのは素晴らしいことです。そういったものは真実味があるので、やっていて本当に楽しい。自分自身がやっていることなので嘘がなく、自分の心と気持ちが伴っていますから。

デフォーは、スタントマンではなく俳優本人がアクションシーンに挑んだ方が、そのシーンにリアリズムが生まれると言っているのだろう。『ノー・ウェイ・ホーム』でグリーンゴブリンは激しい闘いを繰り広げていたが、そほとんどをデフォーが自分でこなしていたとは本当に驚きだ。

なお、2021年11月にホランドは、『ノー・ウェイ・ホーム』の撮影セットで初めてデフォーと遭遇した時のエピソードを披露。「僕はある時、黒マントを着た人とぶつかってしまいました。僕は“大丈夫?気をつけて”って感じで。その後、その方がマントを脱いだ時は、すごくビビりましたよ。“うっわ、ゴブリンじゃん”って」と明かしていた。

デフォーとホランドが共演している『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は日本公開中。

Source:GQ

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly