Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』車のCMでミステリオに仕返し?とぼとぼピーター、ネッドとドライブ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームと、自動車メーカーのヒュンダイのタイアップCMが公開された。映画からトム・ホランド(ピーター・パーカー役)とジェイコブ・バタロン(ネッド役)が出演している。

CMのピーター・パーカーは『ノー・ウェイ・ホーム』同様、スパイダーマンとしての正体がバラされ、しかも「社会の悪」扱いされて行き場所を失っている模様。郊外のモーテルで1人テレビを見ていると、「スパイダーマンことピーター・パーカーは犯罪者だ!だからコソコソ隠れているんだ!」との報道。声の主はJ・ジョナ・ジェイムソンだろう。

これを見ていたピーターは「汚名を返上するぞ」とスーツに着替え、モーテルを飛び出す。勢いよくウェブを放つが、そこはど田舎、ウェブを当てられるものは何もない……。

スパイダーマンのテーマを口ずさみながらトボトボ歩くピーター。歩きながら放ったウェブが、ミステリオのカカシに命中する。ピーターの小さな復讐である。

力なく徒歩移動するピーターのもとにヒュンダイの車と共に現れたのは、親友ネッドだ。「どうしてここが?」「ネッド・センスが反応して」。

車内に乗り込み、最新のナビゲーションシステムを見ながら、ネッドが一言。「運命を受け入れる時だよ」。「えっ?」「いや、なんとなくカッコいいこと言ってみたかっただけ」。

2人の目指す先は、故郷ニューヨークのようだ。その旅路は300マイル、約482キロと長旅。このヒュンダイ最新モデルの電気自動車 IONIQ 5、一度の充電で300マイル走ることができるのだそう。車体は『ノー・ウェイ・ホーム』本編にも登場するそうだ。

最後にピーターはカーナビで「177Aブリーカー・ストリート」と目的地をセット。「誰が住んでるの?」「後でわかるよ」と2人。これってもしかして、『ノー・ウェイ・ホーム』でピーターが訪れることになるドクター・ストレンジのもとに向かう、ちょっとした前日譚ムービーにもあたるのだろうか?

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日、日本公開。ネッド、ニューヨークまでの長旅、安全運転でね!

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly