Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』トビー・マグワイアと再会したドック・オク役アルフレッド・モリーナ、リアルに涙ぐんでいた

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では過去フランチャイズから複数のキャラクターがカムバック。『スパイダーマン2』(2004)で共演したドクター・オクトパス役のアルフレッド・モリーナと、スパイダーマン/ピーター・パーカー役のトビー・マグワイアも運命の再会を果たした。

ポッドキャスト番組「Household Faces with John Ross Bowie」に出演したモリーナが、その感動のリユニオンについて振り返っている。

「あるシーンで、不意に私がトビーと会うシーンがあったんです。彼が“先生、お元気ですか?”と言って、私は“あぁ、会えて嬉しいよ”と答えて、そのシーンではかなり涙ぐんでしまいました……。もちろん、トビーに再会できて嬉しかったからです。撮影セットで私が、“この映画にはちょっと年を取り過ぎているんじゃないかと心配だ”というようなことを言って、一緒に笑ったんですよ。」

モリーナが言及した場面は、映画のラストで歴代スパイダーマン3人とヴィランたちが対決した自由の女神でのシーン。『スパイダーマン2』では敵対して死闘を繰り広げたスパイダーマンとドクター・オクトパスだが、『ノー・ウェイ・ホーム』では2人の関係性が変わり、しみじみとした再会に。実際に演じていたモリーナ自身も、マグワイアとの久々の再会に感極まってしまったようだ。

MCU映画で初めてマルチバースの扉が開いたことにより、セオリー的にはどんなシナリオもあり得るため、もしかしたら、モリーナとマグワイアが映画で3度目の再会を果たす可能性はゼロではないかもしれない。とはいえ、再会は『ノー・ウェイ・ホーム』限りにしておいたほうが、映画の感動もずっと守られるだろう。

Source:Household Faces with John Ross Bowie

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly