Menu
(0)

Search

ハーレイ役マーゴット『スーサイド・スクワッド』ジョーカーの出番カット騒動「呑まれ過ぎた」 と語る

全米では既に8月5日に封切られ、日本では9月10日公開予定のDC映画『スーサイド・スクワッド』。同作を巡っては、ジャレッド・レト演じるジョーカーの登場シーンが大幅にカットされ、物議を醸している。
加えて、ジョーカーの出番カット騒動はハーレイ・クインをはじめとする他メンバーの出演シーンにも影響していたようだ。

Tipsy Talkで詳細を語ったのはハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビー。彼女の説明によれば、「キャラクターのバックストーリーをたくさん撮影していた」のだそう。たとえばカーラ・デルヴィーニュ演じるエンチャントレスのポジションなどを説明するシーンを多数用意したというのだ。

「バックストーリーのシーンは魔法みたいで、そのうちのいくつかのショットは狂気的でした。フラッシュバックとして、ちょっとしたものになるつもりだったんです。でも、多分私たち、フラッシュバックの作りこみに熱を出しすぎたんですよね。特にジャレッド・レト(=ジョーカー)、彼は役に深く入り込みすぎていたから、私たちもみんな徹底的にやったの。デビッド・エアー(=監督)もキャラクター達と一緒にのめり込んでいって。
そうですね、たくさん撮影してたんですけど、結局現在と過去のストーリーラインがごっちゃになって、意味をなさなくなってしまって。

以上のマーゴット・ロビーの話によれば、『スーサイド・スクワッド』からジョーカーの登場シーンをはじめとする多くの場面がカットされたの理由というのは、ジャレッド・レトのあまりの怪演ぷりに現場の人間みなが呑み込まれ、制作指針がブレていってしまったということだろうか。
デッドショット演じるウィル・スミスも、現場でのジャレッドがあまりにもジョーカー然としていた事を「俺は現場でジャレッドには会っていない」=彼は常にジョーカーそのものだった、と語っている。

ジョーカーという驚異的な概念は、『ダークナイト』のヒース・レジャー版に続き、ジャレッド・レトにも見事に憑依したようだ。結果として映画の出来を悪い意味で左右する事になってしまったのが残念ではあるが、ジャレッドが語るようにいつかジョーカーの撮影シーンをたっぷり盛り込んだR指定バージョンが観られる事を楽しみにしたい。

Source:http://comicbook.com/dc/2016/08/08/margot-robbie-explains-joker-and-harley-quinn-backstory-that-was/

Eyecatch Image:http://screenrant.com/suicide-squad-movie-joker-harley-alpha-males/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly