Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ホームカミング』続編は「前作より壮大かつ愉快に」 ― マーベル社長、ドクター・ストレンジの登場を否定

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)における映画版「スパイダーマン」の第2作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(邦題未定、原題:Spider-Man: Far From Home)』の撮影が始まったようだ。主演に新鋭トム・ホランドを起用し、高校生ピーター・パーカーの青春を描いた『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の続編となる本作は、『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』直後の作品ということもあって、今から非常に大きな注目を集めている。

そんな中、本作の制作に携わるマーベル・スタジオは『アントマン&ワスプ』のプロモーションの真っただ中。ケヴィン・ファイギ社長をはじめとしたスタッフ陣は、そこで『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』についてわずかに明かしてくれている。

「前作より大スケール、かつ愉快に」

『アントマン&ワスプ』の編集を務めたダン・リベンタル氏は、『アイアンマン』(2008)からいくつかのMCU作品に携わってきた人物だ。米The Hollywood Reporter誌によれば、ダン氏は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』にも参加しているという。彼は「多くは言えないんですよ」としながら、続編についてこう語った。

前作(『スパイダーマン:ホームカミング』)よりも大スケールで、かつ愉快な映画になりますよ。これ以外のことは、待っていてください。」

かつてケヴィン社長が明かしたところによると、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、『アベンジャーズ』第4作を経たあとを舞台に、ピーターや友人たちが夏休みにヨーロッパへ出かけるストーリーなるという。のどかなイメージがどうしても思い浮かぶが、いったいどんな作品になるのだろうか……。

ところでMCUへの合流を果たしたスパイダーマンは、前作で“師匠”トニー・スターク/アイアンマンと、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)ではドクター・ストレンジやスター・ロードらとのチームアップを実現。来たる『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ではストレンジの登場を望む声も多いが、米/Film誌にて、ケヴィン社長は早くもこれを否定している。

「その話題について何を言わないこともできるんですが、(ストレンジは)登場しません。」

ただしケヴィン社長も「ベネディクト(・カンバーバッチ)とトム(・ホランド)は共演したがっていますよ」と述べているように、当の俳優ふたりは再タッグに前向きだ。ベネディクトが「コーヒーを買いに行くとか、ダラダラするとか、公園でボールを投げるとか、そんなのでもいい」と述べ、トムが「(ストレンジには)かかりつけ医になってほしい」と話すなど、ストレンジとスパイダーマンの“日常系スピンオフ”を希望していたほどなのである……。

映画『Spider-Man: Far From Home(原題)』は2019年7月5日に米国公開予定

Sources: THR, /Film
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly