Menu
(0)

Search

「スター・トレック」ライカー役ジョナサン・フレイクス、ドラマシリーズの拡張に期待 ─ 「ピカード」で出演・監督務める

ジョナサン・フレイクス
© Ra Boe / Wikipedia / CC-SA 3.0 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Stuttgart_-Comic_Con_Germany_2019-_7d_by-RaBoe_068.jpg | Remixed by THE RIVER

ドラマ「新スター・トレック」(1987-1994)で副長ウィリアム・T・ライカーを演じたジョナサン・フレイクスが、ドラマ「スター・トレック」シリーズの今後に期待を示している。GalaxyCon Liveにて本人が語った。

ピカード艦長率いるクルーが宇宙を航海する「新スター・トレック」にライカー副長役としてレギュラー出演したフレイクスは、ライカー役を演じる中で、演出にも興味を持ち、同シリーズのエピソード監督も手掛けることに。以降、多岐に渡って「スター・トレック」シリーズに携わっており、「スタートレック:ディスカバリー」(2017-)「スタートレック:ピカード」(2020-)ではエピソード監督を含め、後者にはライカー役としても参加している。

「新しい『スター・トレック』のシリーズで、私のキャリアは再び軌道に乗っています。このことで失ったものは何もありませんよ。ディレクションも個人的には上手く出来たと自負してます。いずれにせよ、『ディスカバリー』『ピカード』が成功したので、今後も新たな作品が製作されていくでしょうね。」

「ディスカバリー」「ピカード」の製作総指揮を務めているアレックス・カーツマンも以前、これら2作のほか、フィリッパ・ジョージャウ船長役を主人公とする「セクション 31(原題:Section 31)」、そして未発表の企画が2つ存在することを明かしていた。つまり、「スター・トレック」のドラマシリーズがさらに展開していくことは間違いないのだ。「セクション 31」および未発表作品のいずれかにフレイクスが参加しているかは定かではないが、これまで数々の作品に携わってきたフレイクが再登板する可能性は高いと思われる。続報に期待しよう。

あわせて読みたい

Sources: GalaxyCon LiveTrekCore.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly