Menu
(0)

Search

『スター・トレック』新作映画の米国公開日が決定 ─ 前作『BEYOND』から5年、ついに始動

スター・トレック
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/8675254818/ Remixed by THE RIVER

J・J・エイブラムス製作、スター・トレック』シリーズの新作映画(タイトル未定)が2023年6月9日に米国公開されることがわかった。米パラマウント・ピクチャーズが発表した。

『スター・トレック』(2009)から始動した、J・J製作の「ケルヴィン・タイムライン」は、前作『スター・トレック BEYOND』(2016)の公開後から紆余曲折を経ていた。2016年夏ごろから、ジェームズ・T・カーク役のクリス・パイン、ジョージ・カーク役のクリス・ヘムズワースを主とする企画が報じられていたが、2018年8月にはスタジオと両者の交渉が決裂。その後、クエンティン・タランティーノ原案企画、「FARGO/ファーゴ」(2014-)「レギオン」(2017-2019)のノア・ホーリーによる新作が報じられたが、前者は進展が見られず、後者はコロナ禍を受けて企画が中断されていたのだ。

公開日が発表された『スター・トレック』新作映画は、2021年3月に報じられた、「スター・トレック:ディスカバリー」の脚本家カリンダ・ヴァスケスが起用された企画とみられる。詳細は明らかになっておらず、ケルヴィン・タイムラインでの新作となるのか、それとも設定やキャストを一新するリブート作となるのかは不明。しかしながら、長らく良い知らせのなかった映画版シリーズにも、ここにきて大きな動きが生じたことになる。

脚本のカリンダ・ヴァスケスは、「スター・トレック:ディスカバリー」シーズン3の第10話『時空よ、永遠に(後編)』や、「スター・トレック ショートトレック」シーズン2の第3話『Ask Not(原題)』のほか、過去には「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」「マーベル ランナウェイズ」「ワンス・アポン・ア・タイム」などで製作・脚本を務めてきた。映画版『スター・トレック』シリーズを女性脚本家が執筆するのは史上初めてとなる。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly