Menu
(0)

Search

『アリー/ スター誕生』レディー・ガガに聞くサントラの楽しみ方 ─ 「シャロウ」の歌詞に注目

アリー/スター誕生
©2018 Warner Bros. All Rights Reserved.

ゴールデン・グローブ賞5部門ノミネート、アカデミー賞大本命との呼び声も高い話題の映画アリー/ スター誕生が、2018年12月21日より日本公開となった。主演を務めたレディー・ガガらが手がけた本作のサウンドトラックも、全米3週連続1位。『ラ・ラ・ランド』(2017)や『グレイテスト・ショーマン』(2018)、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)のサウンドトラックを越える快挙を達成。そのほか世界88の国と地域のiTunesで1位を獲得、メイン楽曲の「シャロウ ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」は第61回グラミー賞で主要2部門を含む4部門にノミネートされるなど、音楽方面でも高い評価を受けている。

音楽面でも話題の『アリー/ スター誕生』について、主演のレディー・ガガが劇中で1番お気に入りの楽曲と、サウンドトラックの聴き方について語ったインタビューが到着した。映画と音楽を一番良く知るガガが語る、その内容とは。

「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」の歌詞に注目

──このサウンドトラック・アルバムの中で、あなたが一番好きな曲を1つ選ぶとしたら、それはどの曲でしょうか? またそれを選んだ理由を教えてください。

レディー・ガガ:多分もうお分かりかもしれないけれど、このサントラの中で私が一番好きな曲は「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」だと思います。この曲、大好きなんです。

というのも、これは男女2人の間の会話になっていて、男性の方がこう語りかけるんです。
「話を聞かせてくれ/今の世界で満足かい?/それとも不安か?/求めるものは ほかにある?」すると女性側が、「話を聞かせてよ/心の穴を必死に/埋めてきたのね/まだ足りないの?/平気な顔して/つらくない?」と答える。
そしてサビの部分では、2人が声を合わせるんです。それから彼女がこう歌うんです、「飛び込んでいくの/そこは深い海/決して水底には着かない/水面を突き抜けたら/そこは私たちの世界/私たちはもう深みに入り込んだから」と。

私が思うに、この曲では、とても深い絆について語っているんです。浅瀬から深みに入り込んでしまった、そういう絆。それは人間誰もが探し求めているものですよね。とても強い絆、とても深くて強い愛です。

──このサウンドトラックを聴くに当たり、特に注目すべきところはありますか?例えば、特定の曲や歌詞の一節など、ここを注意深く聴いてほしいとか、CDのアートワークで特に注目してもらいたい点など、何かありましたら教えてください。

レディー・ガガ:このサウンドトラックについて、ファンの皆さんに特にオススメしたいことと言うと……このサウンドトラックに関して、ファンの皆さんに特に経験していただきたいことがあるのだけれども、それは、このサントラを頭から最後まで、セリフ(ダイアローグ)の部分もひっくるめて、通しで聴いてもらいたいということです。それによって、映画の世界を体感することが出来るから。これは、ブラッドリーと私が強く望んだことです。

ブラッドリーはすごく度量が大きくて、映画のセリフ部分の使用を私に許可してくれました。それで、一緒に編集に取り組んだんです。曲と曲の間にセリフの一部が収録されているんだけど、スタジオでの編集作業では、セリフ終わりから次の曲が始まるまでの間(ま)について、ものすごく慎重にタイミングを計りました。聴き手に感情がうまく伝わるようにね。そして曲が終わると、絶妙な間(ま)を置いて、次のセリフが始まる。まるで実際、映画の中に入り込んでいるみたいな気持ちになれるように。

だから……。リスナーはきっと、自分なりのプレイリストを作るとは思います。それはそれですごく素敵なこと。セリフの部分を抜いてサントラを聴く人もいるだろうし。だけどファンの皆さんにはぜひ、セリフ入りのままアルバム全体を丸ごと聴いていただきたいです。すごく楽しめるし、友達と一緒に聞いたら楽しい夜を過ごせるはず。

──日本盤にはセリフ部分の翻訳も掲載されていますので、ファンの皆さんの助けになるかと思います。

レディー・ガガ:それは素敵ですね!

『アリー/ スター誕生』は、2018年12月21日(金)よりイオンシネマ他全国映画館にて公開。

レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー『アリー/ スター誕生 サウンドトラック』
デジタル配信中:https://umj.lnk.to/astarisbornPR
日本盤CD発売中:UICS-1344 / 2,500円(税抜)/ 歌のみならず、ダイアローグ(劇中の台詞)も収録 / 歌詞・対訳・解説付

『アリー/ スター誕生』公式サイト:http://starisborn.jp

合わせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly