Menu
(0)

Search

『ヘアスプレー』製作チーム、待望の最新作『ステータス・アップデート』公開決定! 新鋭俳優コンビが挑む注目の青春映画

ステータス・アップデート
(C)2017 Status Update, LLC All Rights Reserved

世界的に大ヒットを記録した映画『ヘアスプレー』(2007)やドラマ「glee/グリー」のアダム・シャンクマンが製作総指揮を務める、映画『ステータス・アップデート』が2018年11月3日に公開されることが決定。このたびポスタービジュアルが到着した。

ステータス・アップデート
(C)2017 Status Update, LLC All Rights Reserved

カリフォルニア出身の青年カイルは両親の別居により、母と妹と3人で祖父のいるコネチカット州へ移り住む。自分に自信のないカイルは学校に馴染めず、恋人がいないのが悩みだった。そんな彼が、ある日不思議な男によって“なんでも思い通りになる世界”に導かれる。男は「ユニバース」というソーシャルアプリがインストールされたスマホをカイルに手渡し、「ユニバース」に投稿したことは全て現実になると言った。魔法のアプリで望むものを何でも手に入れたカイルだったが、やがて重大なことに気がついていく。そして、人生最大の選択が目の前に迫っていた……。愛や人生、幸せの意味といった誰もが抱く疑問を、本作は驚きの想像力とエンタテインメント性溢れるアイデアで問いかける。

主人公のカイルを演じるのは、ディズニー・チャンネルの人気青春ドラマ「オースティン&アリー」(2011-2016)で主演を務めたロス・リンチ。バンド「R5」のボーカルとしても活躍し、“第2のザック・エフロン”との呼び声も高い新鋭だ。カイルが想いを寄せるダニー役には、注目のドラマ「マーベル クローク&ダガー」(2018)で主演に抜擢されて話題沸騰中のオリヴィア・ホルト。若い才能がパワフルな歌声を聴かせてくれるところにも注目だ。
さらに映画のカギを握る同級生シャーロット役には『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のコートニー・イートンのほか、『X-MEN』シリーズのファムケ・ヤンセン、『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009)のロブ・リグルなどが脇を固める。

監督を務めるのは、『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』(2018)で瑞々しいラブストーリーを紡ぎ出したスコット・スピアー。脚本は『セブンティーン・アゲイン』(2009)のジェイソン・フィラルディが執筆した。
ちなみに本作は、ブルーノ・マーズやレイチェル・プラッテン、トミー・ジェイムス、レナード・コーエンらの音楽も大きなポイントだそう。誰もが幸せな気持ちに包まれる、この秋注目の一本だ。

映画『ステータス・アップデート』は2018年11月3日(土)より渋谷シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

『ステータス・アップデート』公式サイト:http://status-update.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly