【特集】映画『ワンダーウーマン』スティーブ・トレバーという男は、なぜ私たちの心に残るのか

スーパーヒーローには、その活躍を支えるパートナーがつきもの。スーパーマンにはロイス・レーンが、スパイダーマンにはメリー・ジェーンやグウェン・ステイシーが、アイアンマンにはペッパー・ポッツが、戦うヒーローの傷を癒やした。

女性ヒーローの活躍描く『ワンダーウーマン』でその役を担ったのは、アメリカ人パイロットのスティーブ・トレバー。自然と男性になるが、しかしながらこの転換は画期的。『ワンダーウーマン』は、女性ヒーローが逞しく、されど美しく戦う作品としての革新性が取り上げられるが、スティーブ・トレバーとてこれまでのヒーロー映画に登場した”サポート・キャラクター”とは区別できる、注目すべき存在だ。

この記事では、クリス・パインが演じたスティーブ・トレバーという男について、出演者や制作者の数々のインタビュー証言と共に掘り下げていく。

注意

この記事には、『ワンダーウーマン』のネタバレが含まれています。

補佐的役柄に徹した男性キャラクター

スティーブ・トレバーのキャラクター性を語るために、まずは『ワンダーウーマン』そのものがいかにこれまでのジェンダーバイアスを打ち破る作品であったかを少しだけ振り返っておきたい。

「自立した、待っているだけではない女性像」は、ハリウッド映画においては特段真新しいことではない。しかし、こと男女のペア像を描くとなったとき、強い女性と、やや尻に惹かれて振り回されがちな、または少々お馬鹿な男性という組み合わせを登場させるようになってからは、まだまだ歴史が浅いように感じる。スーパーヒーロー映画においてはことさらだ。パティ・ジェンキンス監督は、ワンダーマンの描く男女性差がいかにブレイクスルーであったかを語る

今まで、長らく女性ヒーローを取り巻くものは、皮肉なことに性的なものだったように思うんですよ。普遍的なストーリーテリングからは外されてしまっていて。例えば、男性ヒーローにはロイス・レーン(スーパーマンの恋人。献身的な一般女性)がいるじゃないですか。愛があって、弱さと複雑さもあって。でも女性のスーパーヒーローとか強い女性って、いつも“私は何も要らない、私は世界一難しい人間よ”みたいなキャラクターばかりで。それって全然フェアじゃない。人間は、”持ちつ持たれつ”なのですから。

このように監督は、ヒーロー作品における女性の役割のほとんどが、男性ヒーローの活躍を支えるだけの補佐的な位置にとどまっていたと指摘する。スティーブ・トレバー役のクリス・パインも、ヒーロー映画の根底にあった男性至上主義の転覆を歓迎する

「僕たちって、男目線の物語をたくさん観てきましたよね。男ってそんなに賢くないんですよ。いっつも殺し合いをしてばっかりですし。だからこそ、重要なテーマを持ったフレッシュな女性の視点がようやく現れたことは素晴らしいこと。対立ではなく、愛と思いやりと生命の慈悲を掲げる女性のスーパーヒーロー物語、っていうのがとても重要なところですね。」

クリスは「『ワンダーウーマン』の真のテーマとは、平等と同格」であり「女性はなんでも出来るんだということ」だと説く。主演のガル・ガドットも「女性は強いし、賢いし、愛を捧げられる。男性と同じように強い立場にいられるんです。強い女性像を描くことがすごく大切で、ワンダーウーマンが男女平等を示してくれれば」として、意見を共にしている。

浜辺に打ち上げられた男性を女性が救護するという出会いは、『リトル・マーメイド』を思い出させる。決定的に異なるのは、『リトル・マーメイド』では何かに囚われていたのが女性(人魚アリエルは海中の生活よりも地上の自由に憧れていた)だったのに対し、『ワンダーウーマン』では男性側が「冷酷な現実」という足枷に囚われていたと言える点だ。俗世から離れたパラダイス島出身のダイアナは、それ故に外界を知らずまま育ったが、それは「世間知らず」や「天然女子」と揶揄できる類のものではなく、むしろ「自由」「純白」といった高潔さを維持するもの。一方でスティーブ・トレバーは、クリス自身が言うところの「現代文明の酷い野蛮さを見てきた皮肉な現実主義者」だったのである。

スティーブ・トレバー(ワンダーウーマン)

また、『ワンダーウーマン』におけるスティーブ・トレバーは、これまで補佐的女性キャラクターが担わされたであろう「外し」の要素も兼ねた。これは、第一次世界大戦を舞台としたことを由来とする緊迫な空気の中で一際意味を持った。劇中、ダイアナに全裸を目撃されたスティーブが「僕は平均以上だよ」と粋がる場面があるが、クリスはこれを男って虚しいよねっていうジョーク」だと解説。男とは、常に女性の前では粋がっていたいのだという性(さが)を皮肉る。

「当時、女性はまだ選挙権すら持っていなくて、女性にとっては生きづらい時代でした。スティーブは、この女性は遥かに強くて、あらゆる部分で自分より優れているという事実を受け入れなければいけませんでした。」

クリスはこのシーンを「大好き」と気に入っており、「バカで下品なおどけ者が色々と学んでいくという役を演じるのは大好きなんです。僕たち男ってそういうもの」と語る。

完全無欠の色彩を放ったダイアナに対し、スティーブのこうした人間臭さは『ワンダーウーマン』にコメディ要素を与えた。そのおかげで、これまで眉にシワを寄せてばかりいたDCEU作品の中に上品な安らぎをもたらしている。最も、全てはパティ・ジェンキンス監督の意図するところだったという。

「『スーパーマン』一作目(1978)や『インディ・ジョーンズ』シリーズを参考にしました。笑えて、登場人物が大好きになって、楽しい大冒険に出かけられるようなクラシック映画を作りたかったんです。」

スティーブ・トレバー、登場しない可能性もあった

こうして『ワンダーウーマン』が掲げる性差平等と女性の自由のメッセージにおいて一片を担い、重要な役割を務め上げたスティーブ・トレバーだが、実は制作の初期段階では彼を登場させない構想もあったのだという。本作でも製作に携わった『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)監督のザック・スナイダーは、「初めの頃、スティーブをストーリーに登場させるべきかどうかと話し合っていたんです」語っている

「スティーブはこの神話の中でも重要な人物なので、議論の末にワンダーウーマンはスティーブが必要だろうということに落ち着きました。私たちにとってもスティーブは必要だったんですよ。ワンダーウーマンを観客の目線で見る必要がありますからね。」

ザックの言う「観客の目線」とは、スティーブ・トレバーの存在を指している。あくまで一般男性であるスティーブを通じて、『ワンダーウーマン』は、浮世離れしたスーパーヒーローが神話的な戦いを繰り広げる様をただ傍観するだけの映画になることを回避したのだ。さらにスティーブは、本作にもう一つのドラマを創造した。ザックは続ける。

「彼もまた、ワンダーウーマンによって動かされなければならない。彼女の目線で世界を見つめなければならない。彼女に突き動かされて、彼もヒーローにならなければならなかったんです。彼なりのやり方でね。」

ひとたび映画を観れば、誰もがスティーブ・トレバーに恋してしまうだろう。整った顔立ちに鍛え上げられた肉体。まごうことなき二枚目だが、中身はどこか三枚目的。そして最後には「彼なりのやり方」を貫き、ヒーローになった。男女ともに愛されるお手本のような男である。そんなスティーブ・トレバーの放つ魅力は、ハリウッドきってのモテ男クリス・パイン(数々の美女との交際が報じられながら、今なお独身)が演じてからこそ。ダイアナとのロマンス・シーンは、クリスにとっては”素”を出せばよかったのだという。

「彼女が微笑むと、そのあまりのピュアさに僕はニヤけてしまう。その柔らかさと美しさ、そして力強さ…僕にとっては最強の組み合わせで、彼女は紛れもなくそれらを兼ね備えていて、しかも自然に出来てしまう。だから僕の仕事はかなり簡単でしたよ。ただやって来て、恋に落ちて、できるだけ彼女を笑わせて、いちゃついて、ダメ男を演じる。それだけです。」

歯が浮くようなセリフをサラリと言ってのけるクリス。ガル・ガドットはこの発言の隣で「盛り過ぎですけど、(お世辞を言うように)大金を渡してますから」とごまかす。

スティーブ・トレバー、続編再登場の可能性

『ワンダーウーマン』を観た観客にとってひとつだけ心残りとなったのは、クリス・パイン演じるスティーブ・トレバーにもう会えないという事実だ。果たしてスティーブは、もうダイアナの前にも、そして私たちの前にも姿を現さないのであろうか。

一部の噂では、スティーブが『ワンダーウーマン』続編に登場するのではないかと囁かれていた。物語の展開を考えれば、再登場の可能性は少ない気もするが、Fandangoのインタビューではパティ・ジェンキンス監督が噂について触れている。監督は『ワンダーウーマン』でスティーブが迎えた結末については「ジレンマがあった」と振り返りながら、続編についてこう答えるに留めた。

「公の場でのお話は控えたいんです。映画を観て欲しいですから。でも、時系列的にどのキャラクターを続編に登場させるかについてはとても難しい問題ですね。大きな課題です。」

ちなみにクリス・パイン自身は、スティーブの再登場を望んでいるばかりか、スピンオフ企画にも乗り気の様子だ。

「ワンダーマンなんてどうかな?」

映画『ワンダーウーマン』は2017年8月25日より公開中。

Source:http://www.torontosun.com/2016/01/13/chris-pine-talks-wonder-woman-finest-hours?http://comicbook.com/dc/2017/06/08/wonder-woman-steve-trevor-cut-out?https://www.vanityfair.com/hollywood/2017/05/wonder-woman-premiere-chris-pine-gal-gadot?http://comicbook.com/dc/2017/05/23/chris-pine-wonder-woman-comedy-/?http://abcnews.go.com/Entertainment/chris-pine-opens-woman-mistaken-famous-chris/story?id=47755027?http://www.kidzworld.com/article/30647-the-magical-wonder-woman-duo-gal-gadot-and-chris-pine?https://www.fandango.com/movie-news/will-chris-pine-return-in-a-wonder-woman-sequel-heres-what-the-director-says-752352?http://comicbook.com/dc/2017/06/09/wonder-woman-steve-trevor-chris-pine-patty-jenkins/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。