Menu
(0)

Search

セガのゲーム『ベア・ナックル』が実写映画化へ ─ 『ジョン・ウィック』デレク・コルスタッドが脚本を担当

日本生まれの人気ゲームキャラクター“ソニック・ザ・ヘッジホッグ”を主人公にした映画『ソニック・ザ・ムービー』シリーズの成功を受け、セガが別のフランチャイズをビックスクリーンで展開することを発表。ビデオゲーム『ベア・ナックル』の実写版映画が製作されることが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

1991年に、アメリカで家庭用ゲーム機「ジェネシス」で発売されたセガの『ベア・ナックル』はベルトスクロールアクションゲームで、犯罪組織と戦う元警官3人が主人公。日本では同年にメガドライブで発売された。デビュー以来、このゲームシリーズはXbox One、PlayStation 4、Nintendo Switchをはじめとする複数のゲーム・プラットフォームで続編を生み出した。フランチャイズの最新作となる『ベア・ナックルIV』は2020年2月に発売され、全世界で250万本以上を売り上げている。

その実写版映画で脚本を務めるのは、人気アクション映画『ジョン・ウィック』シリースでキャラクター創造・原案・脚本を務め、ボブ・オデンカークが主演したアクション映画『Mr.ノーバディ』(2021)で製作総指揮・脚本を担ったデルク・コルスタッド。スピーディーな激しいアクション描写を得意とするコルスタッドの参加に期待がかかる。

『ソニック・ザ・ムービー』シリーズのプロダクション会社dj2 Entertainmentと、デンゼル・ワシントン主演のアクション映画『イコライザー』シリーズを手がけたEscape Artistsが共同製作を担う。

なお、2022年初旬にdj2 EntertainmentはAmazonと総合契約を結んでおり、ビデオゲーム業界での功績を讃える授賞式The Game Awards 2021でゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得した『It Takes Two』のドラマ化、もしくは映画化も検討中だと報じられている。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly