【続報】『スーサイド・スクワッド』監督が本編別バージョンの存在を否定!未公開シーンはDVD・Blu-rayに収録か

スーサイド・スクワッド』がアメリカでいよいよ公開された。幸いにして初動の興行収入は快調とのこと、このまま世界的なスマッシュ・ヒットになることを期待したい。

先日THE RIVERでも取り上げたが、『スーサイド・スクワッド』は事前にネガティブなレビューが出回り、製作の裏事情がリークされるなど非常に厳しい状況で封切りを迎えている。しかしデヴィッド・エアー監督は、ハリウッド・レポーター誌が報じた「本編の別編集版が存在した」という情報をはっきり否定した。

『スーサイド・スクワッド』早くも大荒れ!相次ぐ低評価にファンが抵抗、ワーナーの暴走も暴露される

エアー監督、映画の編集を語る

『スーサイド・スクワッド』でジョーカーを演じたジャレッド・レトは、撮影したシーンが完成版の映画からたくさんカットされていることを明かした。これについてエアー監督は自身の考えを語るとともに、本編の別編集版が存在することを否定したのである。

「(削除したシーンは)たしかに10分以上ある。でも映画の完成品は僕が編集したもので、パラレルワールド・バージョンは存在しないよ。脚本を書いて映画を撮るうえで最もキツいことのひとつは、(作ったものを)結局捨てるハメになることだ。どんなに愛おしくて、どんなに素晴らしいと思ったとしても、映画は独裁主義だからね(笑)。民主主義じゃないのさ。だからクールでスゴいシーンが映画の完成品に残るとは限らない。公開されている映画が最高のオリジナルだよ」

またエアー監督は未公開シーンがDVD・Blu-rayに収録される可能性を認めたものの、ジョーカーとハーレイ・クインのシーンが含まれるかどうかは明言を避けている。ただし監督の発言から予想すると、『バットマン vs スーパーマン』のように大量の未公開シーンが後から追加されることはなさそうだ。

インタビューでエアー監督は、脚本段階では必要だと思われた長いシーンも、実際に撮影すると短いシーンで十分だったという例にも言及している。事前の想定と違うことが起きるのが映画製作だと強調しており、未公開シーンが増えたことにも理解を求める姿勢のようだ。

『スーサイド・スクワッド』は2016年9月10日公開予定

source:http://collider.com/suicide-squad-deleted-scenes-jared-leto-david-ayer/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。