Menu
(0)

Search

『ザ・スーサイド・スクワッド』イドリス・エルバ、役柄を知らぬまま出演を許諾 ─「どうしてもジェームズ・ガンと仕事がしたかった」

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結
(c)2021 WBEI TM&(c)DC

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンDCコミックスの悪党集団を新たに映画化する、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021年8月13日公開)。本作に出演しているイドリス・エルバは、演じる役どころを知らぬまま参加を許諾していたようだ。

エルバが本作で演じるのは、スーパーマンを半殺しにした罪で服役中の世界最強の狙撃手、ブラッドスポート。そんな重要な役柄を担うことさえも、本作の出演契約を交わした際には知らなかった模様だが、どうやら本人にとっては知る必要のない情報だったようだ。

Esquire Middle Eastのインタビューにてエルバは、『ザ・スーサイド・スクワッド』に参加した理由について、「どうしてもジェームズ(・ガン)と一緒に仕事がしたかったからです」と説明している。エルバにとって、ガン監督作への参加は本作が初めてのことだが、「彼は天才です。彼のような才能を持った方が、僕と一緒に仕事をしたいと思ってくれたことに、とても感動し光栄にも思いました」という。参加前から相当な信頼を抱いていたことがうかがえる。「キャラクターの詳細については知らされませんでしたけど、その探求心に惹かれたのです。どんな方向にも行くことができるので」。

そんなエルバは、デヴィッド・エアーによる『スーサイド・スクワッド』(2016)のキャラクター、デッドショットをウィル・スミスの代わりに演じるという噂も存在していた。しかし、どうやらそれは事実ではなかったようだ。「ジェームズがはっきりとそうではないと話していました」。

このスーサイド・スクワッドのメンバーとして登場する、DCキャラクターの可能性は無限に存在していたようだが、エルバによると「ジェームズは、80年代の古いアクションヒーローのようなキャラクターを、本作では描きたいと考えていた」のだという。キャラクターについて話し合いを重ねた結果、ブラッドスポートに最終的に決まったということだ。

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は、2021年8月13日公開。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly