Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』スーパーマンの黒スーツ 原作コミックでの歴史は?

【注意】

この記事には『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のネタバレが含まれています。

View this post on Instagram

#Superman

A post shared by Henry Cavill (@henrycavill) on

—–

—-

『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』にてスーパーマンはドゥームズデイとの戦いで死亡しました。とはいえ復活を予想しない人はまずいないでしょうし、『ジャスティス・リーグ』で口ベタなブルース・ウェインが養子縁組という半ば反則なアプローチから仲間になっただろうロビン以外で初めてのヒーロー友達をどうやって作るかに注目が集まっているでしょう。

ですがスーパーマンを演じるヘンリー・カヴィルが気になる投稿をしました。アップになっていますが黒色とスーパーマンの死といえば『Reign of the Supermen!』で復活したクラーク・ケントが力を回復させるために着用していた黒スーツです。

黒いスーパーマンの歴史

ザック・スナイダーの90年代趣味が炸裂したと言えますが実際のところ、近年では『フラッシュポイント』という大イベントでDCユニバースが書き換えられる前らしきスーパーマンが『superman: lois and clark 』で着用していました。そのことから21世紀の読者にも意外と馴染み深いものと思われます。

しかし、初出は間違いなく90年代の『デス・オブ・スーパーマン』から始まった復活劇が出典。こうなれば93年の『デス・オブ・スーパーマン』と登場年が離れていますが、同じ90年代である98年に起こった青いスーパーマンと赤いスーパーマンの分裂もあり得るかもしれません。

現在のDCコミックでは『デス・オブ・スーパーマン』を踏襲したイベントが行われ、青いスーパーマンの登場の伏線もあります。映画とコミックの重ね合わせはドラマとコミックに比べるとさほど強くは押し出されていませんが、夢のある話です。

Writer

小村健人村上 幸

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン) salarmko@outlook.jpお仕事の依頼はこちらへ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly