Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』マーベル社長の新作映画、実現は「ずっと先」 ─ 企画のきっかけはMCU版『スパイダーマン』だった

Kevin Feige / ケヴィン・ファイギ
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kevin_Feige_(28556369381).jpg

『アベンジャーズ』などマーベル・シネマティック・ユニバース作品を手がける、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギによる『スター・ウォーズ』新作映画(タイトル未定)が実現するのは、まだ当面先になるようだ。ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長が米Rolling Stoneにて明かした。

新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019年12月20日公開)でスカイウォーカー・サーガが完結を迎えるにあたり、ルーカスフィルムは現在、あらゆる新展開を検討中。ファイギがプロデュースする新作もその一環だが、ルーカスフィルムとファイギは「どんな内容になりうるのか、いつならやれるのか、ということを話し合い始めたところ」だという。「(実現は)ずっと先のことです」

以前、ファイギは自身の手がける新作映画について「ユニバースの新たな人々、新たな舞台を掘り下げ」る作品になると示唆していた。スカイウォーカー・サーガからは独立したストーリーになるとみられるが、まだ詳細は誰にも分からないということだろう。ちなみにケネディ社長いわく、ファイギによる『スター・ウォーズ』新作映画は、なんとファイギ自身の持ち込み企画だったとか。

「ケヴィンは『スター・ウォーズ』の大ファンで、そのことを公言しています。彼は、『スパイダーマン』の映画を作るために(ソニーへ)出向いた時、マーベル(・スタジオ)に限らない仕事もやれると気づいたんですよ。そこで私たちやスタジオに、“『スター・ウォーズ』の新作に参加できるような機会はありませんか”と言ってきたんです。私もすごく良いアイデアだと思いましたね。」

すなわち、マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズの事業提携による『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)にファイギが参加した際の経験が、『スター・ウォーズ』新作映画に繋がっているのだ。逆にいえば、ファイギは『スター・ウォーズ』にも『スパイダーマン』シリーズと同様の関わり方になるとみられる。

もっとも米The Hollywood Reporterは、ファイギ社長は「現在やるべきことでいっぱい」の状態だと伝えている。それもそのはず、自身が指揮するマーベル・シネマティック・ユニバースは「フェイズ4」の開幕を控え、新作映画やドラマシリーズが多数準備されているところ。一時は離脱が報じられた『スパイダーマン』シリーズの第3作(タイトル未定)にも参加するため、『スター・ウォーズ』に手を出すのが当面先になるのもやむを得ないだろう。あるエージェントは、ファイギを操る権力を持つディズニーのボブ・アイガーCEOの立場を想像して、「もしも自分がアイガーだったなら、ファイギという人間をうまく使う方法を編み出さなくてはいけません」と語ったという。

報道によると、ルーカスフィルムは2022年12月に『スター・ウォーズ』新作映画を公開する方針。脚本・製作に就任していた「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のデヴィッド・ベニオフ&D・B・ワイスは降板したが、詳細は2020年1月以降に発表される予定。ファイギによる新作映画や、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)ライアン・ジョンソン監督による新3部作が繰り上げられることはないとされている。

あわせて読みたい

Sources: Rolling Stone, The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly