Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新作にジュード・ロウ出演決定 ─ 『スパイダーマン』監督が贈る、80年代青春冒険ドラマに

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

スター・ウォーズ』の新ドラマとして報じられていた企画に、ジュード・ロウが出演することが明らかになった。あわせて、タイトルが『Star Wars: Skeleton Crew(原題)』となることも判明している。米アメリカのロサンゼルスで開催されている『スター・ウォーズ』ファン最大のイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」にて発表された。

スケルトン・クルー
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

これは、マーベル・シネマティック・ユニバース版『スパイダーマン』3部作を手掛けたジョン・ワッツ監督が手がけるとされた新ドラマ。“スティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・エンターテインメントが製作する1980年代の青春冒険映画の銀河版”と形容されていたものだ。

舞台は、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)後で、「マンダロリアン」(2019−)と同じ時代。明らかになったところによると本作は、新共和国時代の『スター・ウォーズ』の銀河に迷い込んだ、“小さな小さな惑星”の子どもたちが家に帰るため奮闘する物語になるという。ジュード・ロウが演じる役どころは不明。子どもたちを中心に描くとすれば、ロウは彼らを導くキャラクターか、あるいは悪役も考えられそうだ。

「セレブレーション」ではジョン・ワッツ監督と脚本のクリストファー・フォードが登場。子どもたちを描く作品でありつつ、必ずしも子ども向けにはならないと説明したという。『Star Wars: Skeleton Crew』は、「マンダロリアン」のジョン・ファヴローとデイヴ・フィローニが製作総指揮を務める。2022年夏より撮影を開始し、2023年中にプレミアを予定している。

ジュード・ロウといえば、『ファンタスティック・ビースト』シリーズのダンブルドア役、『シャーロック・ホームズ』シリーズのジョン・ワトソン役、『キャプテン・マーベル』(2019)ヨン・ロッグ役など、数々の大作映画でも知られる人気俳優。遠い昔、遥か彼方の銀河系に、ジュード・ロウがやってくる。

スケルトン・クルー
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

Source:THR,Polygon

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly