Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』アナキン登場の検討あった ─ 見送られた理由とは

スター・ウォーズ/最後のジェダイ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ディズニープラスで配信中 © 2018 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)に、アナキン・スカイウォーカーが登場する可能性が検討されたことがあったという。そう明かしたのは、監督を務めたライアン・ジョンソン。一体、どのシーンで考えられ、なぜ見送られたのだろう?

この記事には、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

ライアン・ジョンソン監督はTwitterで、『最後のジェダイ』にてアナキンのフォースゴーストをルークやレイの元に出現させる検討はあったかと尋ねられ、「木が燃えるシーンでちょっと考えた」と明かした。オク=トーで隠遁生活を送るルーク・スカイウォーカーが、ジェダイの伝説を終えるべく、フォースの木とジェダイの聖典を燃やそうと決意したところ、躊躇したすきにフォースゴーストとなって現れたヨーダが雷を落として燃やす場面だ。

ジョンソン監督によれば、このシーンにアナキンのフォースゴーストが出現する案もちらりとあったということだ。採用されなかった理由は、「ルークにとっては、アナキンというよりベイダーとの関係だったから。あの瞬間で見せるにしては、ややこしくなってしまう」から。確かにルークがアナキンとしての父と会ったのは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)ラストシーン、死の直前の場面のみ。仮にプリクエル3部作のヘイデン・クリステンセンがアナキン役を再演して登場したとしても、ルークはその姿に困惑しただろう。「あの瞬間、もっとインパクトのある師はヨーダだと思った」、と監督は説明している。

ちなみに監督は以前にも、マスター・ヨーダを再登場させた理由について「ルークの物語がどうなるかを考えたとき、誰かに戻ってきてもらって尻を叩いてもらうことが、あの島での彼の最後の鼓動になると考えたんです。それなら、ヨーダがピッタリだ」と語っていたことがある

Source:@rianjohnson

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly