ドラマ版『スター・ウォーズ』は新たな登場人物、新たな舞台設定で ― 『ジェダイの帰還』以降『フォースの覚醒』以前描く

2019年に米国で始動するディズニーの映像配信サービス、その目玉コンテンツとして注目が集まっているのが、ついに実現するドラマ版『スター・ウォーズ(タイトル未定)だ。この作品で脚本・製作総指揮を兼任するのは、『アイアンマン』(2008)や『ジャングル・ブック』(2016)を手がけたジョン・ファヴロー。米Nerdistの取材にて、彼は新しい情報を明かしている。

『ジェダイの帰還』以降、『フォースの覚醒』以前描く

脚本家・映画監督・俳優として活躍するファヴローは、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に声優として出演。同作のワールド・プレミア、そのレッドカーペットにてドラマ版の設定を語ってくれたのである。


「(スター・ウォーズで)まだしっかりと描かれていない時代が舞台となります。ヤヴィンの戦いから約7年後、ですから『ジェダイの帰還』よりも後、エピソード7(『フォースの覚醒』)以前の話になりますね。登場人物は全員新しいキャラクター、新しい惑星が舞台ですので、完全に新しい作品になりますが、(スター・ウォーズの)年表にはきちんとフィットしますので。」

『エピソード4/新たなる希望』(1977)で描かれたヤヴィンの戦いから7年後…ということは、厳密にいえば『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)からは約3年後の物語ということになるだろう。オリジナル3部作の出来事はドラマ版のストーリーに大きな影響をもたらすのか、それとも……?

 

同じくワールド・プレミアでの取材によれば、すでにファヴローはファースト・シーズンの半分を執筆し終えているという。全話の脚本をファヴローが執筆しているのか、あるいは複数人が担当しているのかはわからない。ちなみにドラマ版への就任が決まる以前、ファヴローは4種類の脚本を執筆してディズニー/ルーカスフィルムに提出していたとか……。とにかく並々ならぬ気合いであることは間違いないだろう。

ドラマ版『スター・ウォーズ』(タイトル未定)の配信時期、キャスト・スタッフなど詳細情報は不明。
なおファヴローが出演する映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日より全国ロードショー。

Sources: Nerdist, ComingSoon.net

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。