Menu
(0)

Search

『キャプテン・アメリカ』クリス・エヴァンス、『第9地区』監督の新作スリラー映画へ主演

クリス・エヴァンス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14615990538/

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でもキャプテン・アメリカ役で活躍を見せているクリス・エヴァンスが、『第9地区』(2010)『エリジウム』(2015)『チャッピー』(2015)の革新的な手法で知られるニール・ブロムカンプ監督による新作映画へ主演することがわかった。Deadlineが報じている。

この新作のタイトルは『グリーンランド(仮題、原題:Greenland)』。ストーリーについての詳細は明かされていないものの、激しい自然災害を生き延びるために戦う家族を描く”災害スリラー”になるという。

gifted/ギフテッド
「gifted/ギフテッド」のクリス・エヴァンス (C)2017 Twentieth Century Fox

大作『アベンジャーズ』シリーズへの出演で知られるクリス・エヴァンスは、多様な作品への出演で表現の幅を広げている。2017年には、マーク・ウェブ監督の映画『gifted/ギフテッド』で幼い姪に愛情を注ぐ独身男を演じた。2018年内には、エチオピアからイスラエルを目指しユダヤ系移民の救出を描く史実スリラー『The Red Sea Diving Resort(原題)』も本国で主演公開予定。さらに、『ゾンビランド』(2009)ルーベン・フライシャー監督による『Jekyll( 原題)』にも主演が決定している。こちらは、ジキルとハイドの末裔を描く内容になるという。

『グリーンランド』撮影は2018年末より開始予定。

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly