Menu
(0)

Search

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』驚愕の戦車バレエシーン「白鳥の湖」公開 ─ 俳優自ら戦車を操縦、圧巻のテクニック

T-34 レジェンド・オブ・ウォー
© Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

ロシアNo.1メガヒット、超絶ダイナミック戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』より、「白鳥の湖」の旋律にのせて戦車が華麗に舞う、前代未聞の“戦車バレエシーン”が公開された。


第二次大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出撃した前線で戦いに敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となった。戦車の指揮官であるイヴシュキンは、ナチスによる戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T-34を操縦するよう命令される。捕虜の仲間と隊を組むイヴシュキンだったが、演習では弾を装備することはおろか、ナチスの戦車軍から逃げ回ることしかできない。命令に背いても、立ち向かっても、そこに待つのは“死”のみ。しかしイヴシュキンは仲間のため、そして収容所で出会った愛する人のため、無謀な脱出計画を実行に移す……。

主人公イヴシュキンがナチスの収容所で再会したのは、先の戦車戦で戦った因縁の敵、ナチスの将校イェーガーだった。イヴシュキンが戦車を操縦する戦車士官だと知るイェーガーは、戦車兵を育てる訓練の標的に彼を指名する。演習場で砲弾なしのT-34を操り、ドイツ軍と戦えというのだ。今回のシーンは、決死の訓練がスタートする直前、イヴシュキンらが久々に戦車を操縦するシーンだ。

イェーガーらドイツ軍が見張る中、エンジンを噴かせたヴァシリョノクは、思わず「こりゃいい。最高の“猛獣殺し”だ」と口走る。まるで水を得た魚、早くも気分が最高潮の乗組員たちは、「華麗なバレエを見せてやれ」というイヴシュキンの一言をきっかけに驚愕の操縦技術を披露する。「白鳥の湖」、チャイコフスキーの「情景(第2幕)」の旋律とともに、片方の車輪を乗り上げたり、旋回したりというテクニックには、軽く構えていたドイツ軍も引きつり顔。ちなみに、T-34は役者自らが操縦したとのこと。

鮮やかな操縦を見せつけるソ連兵たちは、日ごろ捕虜として貶められてきたがゆえ鬱憤を束の間発散させる。通訳役で囚われているアーニャの表情にも、思わず笑みがこぼれるのであった。ところが、事態を察知してかイェーガーは部下のティーリケに「演習場の外に地雷を仕込め」と指示を出す。かくして、脱走を試みても死が待つ地獄の演習が始まるのだった。

T-34 レジェンド・オブ・ウォー
© Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

第67回アカデミー賞外国語映画賞受賞『太陽に灼かれて』(1994)のニキータ・ミハルコフ監督がプロデュースした本作は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)を抜いてロシア映画史上最高のオープニング成績を樹立し、最終興行収入40億円超、800万人動員という驚異的な記録を叩き出して全露No.1の社会現象的メガヒット。観客のド肝を抜く〈戦車アクション・エンターテインメント〉が、遂に日本に上陸する。

映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』は2019年10月25日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly