Menu
(0)

Search

『ターミネーター』最新作、英語タイトルが『ダーク・フェイト』に正式決定

アーノルド・シュワルツェネッガー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/7588449480/

アーノルド・シュワルツェネッガー主演、『ターミネーター』シリーズ第6作の原題が『ターミネーター:ダーク・フェイト(Terminator: Dark Fate)』に正式決定したことがわかった。

『ターミネーター:ダーク・フェイト』というタイトルは、以前プロデューサーのジェームズ・キャメロンによって、ワーキングタイトル(内部用の仮タイトル)として明かされていたもの。当時、本タイトルは未定だったが、ワーキングタイトルがそのまま採用されることになったようだ。すでにこのタイトルは、『ターミネーター』米公式Twitterにも反映されている。

https://twitter.com/Terminator スクリーンショット(2019年3月20日13:45時点)

今回のタイトル決定については、DeadlineThe Wrapio9といった複数の米国メディアが相次いで情報を伝えていた。人気シリーズの久々の新作とあって、タイトルにも大きな注目が集まっていることがうかがえるというものだ。

『ターミネーター:ダーク・フェイト』は人気SFアクション『ターミネーター』シリーズの通算6作目で、『ターミネーター2』(1991)の正統な続編。T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガー、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが出演し、同作を手がけたジェームズ・キャメロン監督はプロデューサーとして再登板。監督は『デッドプール』(2016)のティム・ミラーが務める。

なお新キャストには、主要人物であるダニ・ラモス役にナタリア・レイエス、その兄役でディエゴ・ボネータ、暗殺者役で『ブレードランナー 2049』(2017)マッケンジー・デイヴィス、新たなターミネーター役でドラマ「エージェント・オブ・シールド」(2013-)のガブリエル・ルナが起用された。

映画『ターミネーター:ダーク・フェイト(邦題未定、原題:Terminator: Dark Fate)』は2019年11月1日に米国公開予定。本撮影は2018年6月から11月にかけて、ハンガリー、イギリス、スペイン、メキシコにて実施された。

あわせて読みたい

Sources: Deadline, The Wrap, io9

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly