Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』ワイティティ監督、『スター・ウォーズ』にナタリー・ポートマンが出演していたことを忘れる ─ 「出たい?」「もう出てますけど」

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『ソー:ラブ&サンダー』のタイカ・ワイティティ監督が、本作にジェーン・フォスターことマイティ・ソーとしてシリーズにカムバックしたナタリー・ポートマンとのオモシロエピソードを語っている。

『ラブ&サンダー』でポートマンとタッグを組んだワイティティが、米Rolling Stoneの取材で彼女に関する話をいくつか披露。まず監督は、『マイティ・ソー』シリーズ第4作にポートマンを参加させるために、特に説得は必要なかったことを明かしている。「ナタリーはコミック(ジェーンがマイティ・ソーになる物語)を知らなかったので、彼女のために何冊かコミックを置いていっただけです」と説明。監督の言葉から察するところ、その内容を気に入ったポートマンが、すぐに出演を決めたようだ。

そして、ワイティティは『ラブ&サンダー』の撮影中、『スター・ウォーズ』プリクエル3部作にポートマンが出演したことを忘れて、“うっかり”な質問を投げかけてしまったのだという。

「ナタリーに“次は何をするんですか?”と訊かれたので、“『スター・ウォーズ』に取り組もうとしているんだ”と答えたんです。それで、“『スター・ウォーズ』の映画に出たいと思ったことある?”って質問したら、“もう出てますけど”って言われてしまって。すっかり忘れてたわ。」

ワイティティがメガホンをとる『スター・ウォーズ』映画にポートマンの出演は望めないが、この撮影裏話は、『ラブ&サンダー』でポートマンと初めて組んだ監督が再タッグを望むほど、ポートマンの演技と仕事へのコミットメントに感銘を受けた証ではないだろうか。

『ソー:ラブ&サンダー』は公開中。

Source:Rolling Stone

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly