Menu
(0)

Search

タイカ・ワイティティ版『スター・ウォーズ』、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』に続いて着手なるか

タイカ・ワイティティ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36201776766/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『ジョジョ・ラビット』(2019)のタイカ・ワイティティ監督が、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』に続く新作映画として、いよいよスター・ウォーズに本格着手する可能性が出てきた。

タイカ・ワイティティ版『スター・ウォーズ』は2020年5月に第一報が伝えられ、脚本をタイカ自身と『1917 命をかけた伝令』(2019)のクリスティ・ウィルソン=ケアンズが執筆することが判明済み。2020年12月には、ディズニー/ルーカスフィルムから企画が正式発表されていた。

The Sydney Morning Heraldによると、タイカは『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』のポストプロダクション(撮影後作業)を2022年2月まで実施予定。その後、いくつかのテレビ作品に携わったのち、映画の次回作に着手するという。このたび、タイカは「(次回作が)『スター・ウォーズ』になるかどうかはわかりませんが、そうなることを願います」と話した。脚本作業は2020年7月に始まっているため、すでにプロジェクトの始動からは約1年が経過していることになる。

もっとも、タイカは監督やプロデューサーとして数々のプロジェクトを抱える多忙の身。自らの今後については「他にもいろいろとあるので…僕は手癖が悪いから…どうなるんでしょうね」と話した。コロナ禍以前に撮影したマイケル・ファスベンダー主演作『Next Goal Wins(原題)』も公開を迎えておらず、現状がわからないままだ(米国配給はサーチライト・ピクチャーズ)。ハリウッド実写版『AKIRA』にも就任していたが、再び企画に戻るかどうかは定かでない。

ちなみに『スター・ウォーズ』の新作映画となるのは、『ワンダーウーマン』シリーズのパティ・ジェンキンス監督による『Rogue Squadron(原題)』で、2023年のクリスマスに米国公開予定。こうしたスケジュールを鑑みても、タイカ版『スター・ウォーズ』の登場にはもうしばらくかかりそうだが……。

あわせて読みたい

Source: The Sydney Morning Herald

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly