Menu
(0)

Search

タイカ・ワイティティ版『スター・ウォーズ』、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』に続いて着手なるか

タイカ・ワイティティ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36201776766/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『ジョジョ・ラビット』(2019)のタイカ・ワイティティ監督が、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』に続く新作映画として、いよいよスター・ウォーズに本格着手する可能性が出てきた。

タイカ・ワイティティ版『スター・ウォーズ』は2020年5月に第一報が伝えられ、脚本をタイカ自身と『1917 命をかけた伝令』(2019)のクリスティ・ウィルソン=ケアンズが執筆することが判明済み。2020年12月には、ディズニー/ルーカスフィルムから企画が正式発表されていた。

The Sydney Morning Heraldによると、タイカは『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』のポストプロダクション(撮影後作業)を2022年2月まで実施予定。その後、いくつかのテレビ作品に携わったのち、映画の次回作に着手するという。このたび、タイカは「(次回作が)『スター・ウォーズ』になるかどうかはわかりませんが、そうなることを願います」と話した。脚本作業は2020年7月に始まっているため、すでにプロジェクトの始動からは約1年が経過していることになる。

もっとも、タイカは監督やプロデューサーとして数々のプロジェクトを抱える多忙の身。自らの今後については「他にもいろいろとあるので…僕は手癖が悪いから…どうなるんでしょうね」と話した。コロナ禍以前に撮影したマイケル・ファスベンダー主演作『Next Goal Wins(原題)』も公開を迎えておらず、現状がわからないままだ(米国配給はサーチライト・ピクチャーズ)。ハリウッド実写版『AKIRA』にも就任していたが、再び企画に戻るかどうかは定かでない。

ちなみに『スター・ウォーズ』の新作映画となるのは、『ワンダーウーマン』シリーズのパティ・ジェンキンス監督による『Rogue Squadron(原題)』で、2023年のクリスマスに米国公開予定。こうしたスケジュールを鑑みても、タイカ版『スター・ウォーズ』の登場にはもうしばらくかかりそうだが……。

あわせて読みたい

Source: The Sydney Morning Herald

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly