Menu
(0)

Search

タランティーノ監督が『トップガン マーヴェリック』を大絶賛「とんでもなく凄い映画だった」

『パルプ・フィクション』(1994)『キル・ビル』シリーズ、『イングロリアス・バスターズ』(2009)など斬新な作風で映画の常識を覆してきたクエンティン・タランティーノ。好みの作品にも強烈な個性が反映されることも多い監督が、王道スカイアクション映画『トップガン』の続編『トップガン マーヴェリック』を大絶賛している。

ポッドキャスト番組「ReelBlend」に出演したタランティーノ監督は『トップガン マーヴェリック』を観た感想について、「普段は、いいことしか言わないように強制されてるから、新作映画についてはあまり話さないんだよね」としつつ、「『トップガン マーヴェリック』はすごく気に入ったし、素晴らしい映画だと思いました」とコメント。「映画館で観たんですが、僕たちの共通の友達、ブレット・イーストン・エリス(映画『アメリカン・サイコ』などの原作者で小説家)が言うように、あの映画とスピルバーグの『ウエスト・サイド・ストーリー』は、どちらも真に映画的なスペクタクルを提供してくれたんじゃないかな。もう観ることが出来ないと思っていたようなね。最高でした」。

また監督は、かつて『マーヴェリック』公開以前に、オリジナル映画で監督を務めたトニー・スコット亡き今、どう続編を作るのだろうと懸念し、主演のトム・クルーズにその質問を実際に投げかけたことにも言及。しかし、結果的に心配には及ばず、「続編には、スコット監督に対する敬意が感じられた」と言い、称賛の言葉に熱を込めて続けている。

「僕はトニー・スコットの映画が大好きだし、トニーを心から敬愛しているから、『マーヴェリック』はトニー・スコットの映画をもう1本観ることに近かったんです。ジョセフ・コシンスキー監督は素晴らしい仕事をしたし、どのコマにもトニーへの愛と尊敬が感じられました。ほとんどのシーンに下された決断にもトニーへの想いが意識的に存在していて、本当にクールな形で真の敬意が表れていました。そして、そのリスペクトは、トムが映画で下した全ての決断にも存在していたと思います。」

さらにタランティーノは、「トニー・スコットの映画をもう1本観ることが出来る最も近しい作品で、とんでもなく凄い映画だった」と、同じ言葉を繰り返して絶賛。トム・クルーズとヴァル・キルマーの共演シーンについては、「安っぽくなりそうなのに、きちんと機能していて、見事に仕上がっていた」ともコメント。とにかく、『マーヴェリック』はタランティーノ監督にとって非の打ち所がない映画だったようだ。

タランティーノが大満足した様子の『トップガン マーヴェリック』は公開中。

Source:YouTube

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly