Menu
(0)

Search

クエンティン・タランティーノ、『レザボア・ドッグス』リメイク版での引退案もあった ─ 次回作で引退の意志は変わらず

クエンティン・タランティーノ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19702707206/

10作品目を最後に映画界から引退を公言している映画監督のクエンティン・タランティーノ。どうやら、映画界から退く意志は未だ変わらずのようだ。

米番組「Real Time with Bill Maher」にてタランティーノは、「あなたは引退するには若すぎるし、映画監督として今が絶頂期ではないですか」と司会者から疑問を投げかけられたところ、「だからこそ、辞めたいんです」と改めて表明。「どうして、今が絶頂期だと断言出来るのですか」と続けた司会者に対して、タランティーノは「僕は映画の歴史を知っています。ここから映画監督として良くなることはありません」と答えた。

それでも納得できない様子の司会者はタランティーノに、「あなたは他人の評価で判断していますが、そんなことはあなたにだって分かるはずがない。まだ58歳ではないですか」「そもそも、なぜ1本に限定する必要があるのですか」とさらに迫る。その理由についてタランティーノは、ドン・シーゲルによる名作映画を例に挙げながら答えた。「『アルカトラズからの脱出』(1979)を最後に彼が引退していたら、なんて最高な最終作だったか。なんて最高な幕の閉じ方だったか。ただ彼はその後、2本の映画を残して去っていきました」。

2019年にタランティーノは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を9作目として発表。司会者は、タランティーノに対して経験値が創造性を高めるとしながら、同作が監督史上最高傑作であると話した。続けて司会者は、『レザボア・ドッグス』(1992)を現在の視点から作り直すことについて尋ねたところ、「『レザボア・ドッグス』のリメイクを最後の作品として考えたことがあります」と告白。とはいえ、「やりませんよ。ただ、考えはしました」と付け加えている。

司会者から必死に説得されるも、タランティーノは最後までその意志を変えることはなかった。一体、どんな最高傑作で幕を閉じるのだろうか……。

Source:Real Time with Bill Maher

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly