Menu
(0)

Search

クエンティン・タランティーノ、『レザボア・ドッグス』リメイク版での引退案もあった ─ 次回作で引退の意志は変わらず

クエンティン・タランティーノ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19702707206/

10作品目を最後に映画界から引退を公言している映画監督のクエンティン・タランティーノ。どうやら、映画界から退く意志は未だ変わらずのようだ。

米番組「Real Time with Bill Maher」にてタランティーノは、「あなたは引退するには若すぎるし、映画監督として今が絶頂期ではないですか」と司会者から疑問を投げかけられたところ、「だからこそ、辞めたいんです」と改めて表明。「どうして、今が絶頂期だと断言出来るのですか」と続けた司会者に対して、タランティーノは「僕は映画の歴史を知っています。ここから映画監督として良くなることはありません」と答えた。

それでも納得できない様子の司会者はタランティーノに、「あなたは他人の評価で判断していますが、そんなことはあなたにだって分かるはずがない。まだ58歳ではないですか」「そもそも、なぜ1本に限定する必要があるのですか」とさらに迫る。その理由についてタランティーノは、ドン・シーゲルによる名作映画を例に挙げながら答えた。「『アルカトラズからの脱出』(1979)を最後に彼が引退していたら、なんて最高な最終作だったか。なんて最高な幕の閉じ方だったか。ただ彼はその後、2本の映画を残して去っていきました」。

2019年にタランティーノは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を9作目として発表。司会者は、タランティーノに対して経験値が創造性を高めるとしながら、同作が監督史上最高傑作であると話した。続けて司会者は、『レザボア・ドッグス』(1992)を現在の視点から作り直すことについて尋ねたところ、「『レザボア・ドッグス』のリメイクを最後の作品として考えたことがあります」と告白。とはいえ、「やりませんよ。ただ、考えはしました」と付け加えている。

司会者から必死に説得されるも、タランティーノは最後までその意志を変えることはなかった。一体、どんな最高傑作で幕を閉じるのだろうか……。

Source:Real Time with Bill Maher

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly