Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』マーク・ラファロ「まだハルクには描くべき物語がある」 ─ 「東京コミコン2019」で再登場に意欲

マーク・ラファロ 東京コミコン2019
©THE RIVER

2019年11月22日(金)~24日(日)開催の「東京コミコン2019」2日目の締めくくりには、『アベンジャーズ』ハルク役でおなじみ、我らがマーク・ラファロが登場した。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)以外でも多くの作品で抜群の演技を見せ、アカデミー賞へのノミネート歴もあるラファロが、このような形でファンの前に登場することは決して多くない。今回、日本のファンに向けてスペシャルなトークを繰り広げてくれた。

進行は「アメコミリーグ」より竹若元博(バッファロー吾郎)、なだぎ武、佐藤ピリオドの3名と、おなじみ杉山すぴ豊。「誰か出てくるのかすぐ分かる」緑色推しの服装で登壇。4人の呼び込みで、マーク・ラファロは悠々と登場。ベテラン俳優らしい風格、穏やかな表情でファンの前に姿を見せた。


マーク・ラファロ 東京コミコン2019
©THE RIVER

今回のステージは、昨日11月22日に52歳の誕生日を迎えたラファロを会場全体が祝福する場面からスタート。観客・司会者全員でも「ハッピー・バースデー、マーク!」コールに、ラファロは優しい笑顔を浮かべて「どうもありがとう」と日本語で応じている。

初来日のラファロは、「東京コミコン」やファンの印象を尋ねられると「この場所で本当に素晴らしい時間を過ごせていて、大好きになりました。ファンのみなさんは熱心だし、映画のことが大好き。みなさんにお会いできてすごく嬉しいです」と答えた。「これまで日本に来たことがなかったのは、日本では緑色のキャラクターは嫌われていると聞いたから」と会場を笑わせた。「本当ですか?」と尋ねるや、アメコミリーグの3人は「ノー、ノー、ノット・トゥルー」の大合唱である。

マーク・ラファロ 東京コミコン2019
©THE RIVER

そんなラファロは、MCU作品について「家族のように撮影しています」と語った。「大笑いするし、食べ物もいっぱい食べるしね。一番大好きなのは、『アベンジャーズ』1作目で、みんなでシャワルマを食べるところ」。集大成となった『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)については、「ちょっとビタースイートな作品でした。愛されてきたアベンジャーズたちを失ってしまいましたね。撮影中からそのことは知っていたので、お別れをするようなところがあったんです」と振り返った。そして「グッバイ、アイアンマン」と手を天に掲げる。

マーク・ラファロ 東京コミコン2019
©THE RIVER

また、共演者との思い出を尋ねられたラファロは、「ハルクがロキをぶっ倒すシーンがすごく気に入っています。“ちょろい神だ(Puny god.)”って」と口にし、会場を沸かせた。さらに「クリス・ヘムズワースもここに来てますけど……クリス・ヘムズワース、いるかな?」と、どこかにいるであろうソーに呼びかける一幕も。

「彼とは『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)を一緒にやったんですが、基本的に脚本をまるごと即興で演じたんです。タイカ・ワイティティ(監督)とは最高の時間を過ごしましたしね。オーストラリアでの撮影はすごく楽しくて、ジョークもいっぱい言っていました」。劇中ではロマンスも示唆された、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンとの共演についても「とても良い時間を過ごしましたよ」と振り返った。

マーク・ラファロ 東京コミコン2019
©THE RIVER

ハルクの今後は?

ここで、なだぎ武が「これからもハルクの活躍は期待してもいいんでしょうか」と気になる質問を投げかける。するとラファロは、ファンに期待を抱かせる“進捗状況”を教えてくれた。

「えっと……ちょうど先週、ケヴィン・ファイギから連絡があって、“もっとハルクのストーリーのアイデアはないか”と聞かれたんです。それで、“ありますよ、まだ描くべきストーリーはある”と答えました。それじゃあ会いに来て、その話をしてほしいと言われているんです。マーベル・ユニバースにハルクの居場所を探してみよう、という話になっていますよ。」

マーク・ラファロ 東京コミコン2019
©THE RIVER

これに杉山は、いずれハルクとウルヴァリンが戦うところを見てみたいとコメント。ラファロは「ハルクvs ウルヴァリン?」と笑って、「それ観てみたいですね」。会場からは拍手と歓声が寄せられた。

ちなみにハリウッド屈指の演技力でも知られるラファロは、今後演じてみたい役どころについて、「(ハルクとは)また違うこともやってみたいと思います。この冬には『Dark Waters(原題)』という映画が(米国で)公開されるんです。トッド・ヘインズ監督です」と語った。「だけど、次に何をするのかは分かりませんね」。

ラファロを一目見るべく、ステージ周辺の広範囲にぎっしりと集まった観客たちに、ラファロは「すごい」と感嘆。「みなさん大好きです。丁寧にもてなしてくださって、本当にありがとう」と口にして、最後には日本のファンにメッセージを述べた。

「本当にありがとうございます。日本に来られることを長い間ずっと待っていましたが、ガッカリするようなこともなく、とても良い旅行をしています。家族と一緒なので、京都にも行きますし、東京もあちこち見て回るつもりです。本当に楽しんでいます。素晴らしいファンのみなさんにお会いできてうれしく思いますし、とても感謝しています。また明日もお会いしましょう。」

マーク・ラファロ 東京コミコン2019
©THE RIVER

ステージからの去り際、ラファロは両手で大きく手を振ると、日本語で「ありがとう」と繰り返した。ファンへのサインを終え、時間のない中での登壇となったが、それでもステージからは、イメージ通りの穏やかさと優しさがあふれていた。もちろん、ファンならすぐに思い浮かべることができるだろう、あの柔和な笑顔も。

ギャラリー

「東京コミコン 2019」開催概要

会期 2019 年 11 月 22 日(金)~11 月 24 日(日)
※11 月 22 日(金)12:00~20:00
※11 月 23 日(土)10:00~20:00
※11 月 24 日(日)10:00~18:00
会場 幕張メッセ 9・10・11 ホール (〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly