Menu
(0)

Search

【レポート】『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が「東京コミコン 2018」上陸 ― 最新映像や初公開アート、怪獣の造形秘話まで丸ごとお届け

東京コミコン2018 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
©THE RIVER

2018 年11月30日(金)~12月2日(日)開催の「東京コミコン2018」(幕張メッセ)にて、映画ゴジラ キング・オブ・モンスターズのスペシャルステージが開催された。

この日、世界初解禁となる映像やコンセプトアートの公開にあわせてマイケル・ドハティ監督が来日。圧倒的情報量をもって、怪獣映画・ゴジラ映画への想いや製作秘話などを一挙に語ってくれた。THE RIVERではトークの内容を余すところなくお届けしたい。

東京コミコン2018
©THE RIVER

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』マイケル・ドハティ監督

「東京コミコン 2018」でのスペシャルステージ開催にあたり、MCとして登場したのはフジテレビアナウンサーの笠井伸輔氏。フジテレビと何の関係もない『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のステージになぜ登場したかといえば、とにかく「ゴジラが大好き」だから。『ゴジラ2000 ミレニアム』(1999)、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001)など4本のゴジラ映画に出演した笠井アナが、“ゴジラ映画ファン代表”としてマイケル監督に質問をぶつけてくれた。

なお、マイケル監督が東京コミコンに登場するのは今回が初めて。大勢のポップカルチャー・ファンが詰めかけ、熱気に満ちた会場の様子には「最高です(wonderful)」との感想を語った。

東京コミコン2018
©THE RIVER

マイケル監督とゴジラの出会い

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、ギャレス・エドワーズ監督によるハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014)の続編だ。新たなゴジラ映画のオファーを受けて、マイケル監督は「すぐに“イエス”とお答えしました」と語る。「ゴジラ映画を作るのはすごく小さい頃からの夢だったんです。大きなオモチャを使って自分のゴジラ映画を作れるなんて、夢が叶ったようでした」

マイケル監督がゴジラという怪獣に出会ったのは3~4歳のころ。当時、ケーブルテレビで土曜日の朝に放送されていたアニメ版「Godzilla(原題)」(1978-1980)や、アニメに続いて放送されていたゴジラ映画を欠かさず観ていたという。人生で初めて観たゴジラ映画は、記念すべきシリーズ第1作『ゴジラ』(1954)。当時まだ幼かった監督は、初代ゴジラについて「怖くはなかったです。すぐ大好きになったし、すごくいい友達になりました」と語っている。ちなみに一番大好きなゴジラ映画も、同じく『ゴジラ』第1作なのだとか。

そんな監督に、笠井アナは「私は“モスゴジ”(『モスラ対ゴジラ』1964)が好きなんですが…」と一言。すると監督は「“モスゴジ”も好きですよ。いろんな理由があって、全部の映画が好きなので」と応じた。

ここで会場では、先日公開された『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』日本版予告編が上映されている。

上映が終わるや、笠井アナは「アメイジング!ワンダフル!今すぐ続きを見せてくれ!」と興奮。ドビュッシー「月の光」がフィーチャーされた本映像について、監督は「大好きですよ。音楽が本編の雰囲気をしっかりとらえているんです」と述べた。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は「モンスターオペラ」

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』について、監督は「この映画は“モンスターオペラ”です。『スター・ウォーズ』がスペースオペラであるように」と語っている。

作品の新たなキーワードとなった“モンスターオペラ”という言葉について、監督は「美しく、怖ろしく、そしてエモーショナルなものを作りたかったんです。私たち人類と自然の繋がり、そしてゴジラや怪獣との繋がりという深いテーマがありました」と熱弁。

マイケル監督の怪獣に対する思い入れたるや、「怪獣は本当に美しいものだと思います。もし怪獣を現実化させるボタンがあれば押しまくりたいくらい」。笠井アナが「地球が滅びますよ、ほんとに」と苦笑いすると、監督は肩をすくめてみせた。

東京コミコン2018
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly