Menu
(0)

Search

鬼才ジム・ジャームッシュのゾンビ映画、2020年春に日本公開決定 ─ アダム・ドライバー&ビル・マーレイ主演『The Dead Don’t Die』

デッド・ドント・ダイ
©2019 IMAGE ELEVEN PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『パターソン』(2016)や『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(2013)、『ブロークン・フラワーズ』(2005)などの鬼才ジム・ジャームッシュ監督による3年ぶりの新作映画、『The Dead Don’t Die(原題)』が2020年春に全国公開されることが決定した。

2019年5月14日から開催される第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品&コンペティション部門作品として上映される本作は、長年インディペンデント映画界に君臨するジャームッシュが初めてゾンビ映画を手掛けたことで話題沸騰中だ。物語の舞台はアメリカの田舎町センターヴィル。3人だけの警察署で働くロバートソン保安官(ビル・マーレイ)とピーターソン保安官代理(アダム・ドライバー)は、たわいのない住人トラブルに追われる日々を過ごしていたが、街にゾンビが出現したことから思わぬ事態に巻き込まれていく……。

ピーターソン保安官代理を演じるのは『パターソン』に続いての登板となるアダム・ドライバー。ロバートソン保安官役のビル・マーレイは本作でジャームッシュ監督と3度目のタッグとなる。さらにティルダ・スウィントンやクロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローバー、イギー・ポップ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズという、ジャームッシュ作品でおなじみのキャストから気鋭の若手まで豪華な顔ぶれが集結した。

ジャームッシュ監督はカンヌ映画祭の常連者であり、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)でカメラドール(新人監督賞)を、『コーヒー&シガレッツ』(2003)が短編部門のパルムドールを、『ブロークン・フラワーズ』でグランプリを受賞。『ダウン・バイ・ロー』(1986)や『ミステリー・トレイン』(1989)、『デッドマン』(1995)、『ゴースト・ドッグ』(1999)、そして『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』『パターソン』(16)がコンペティション部門に、オムニバス『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』(2002)がある視点部門に出品されている。話題のゾンビ映画で、ついにパルムドール受賞を果たすことになるのか…?

映画『The Dead Don’t Die(原題)』は2020年春、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

米国版予告編はこちらでチェック

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly