Menu
(0)

Search

【インタビュー】『テッド・バンディ』監督「最も信頼される人が、最低の行為を働くこともある」 ─ 稀代の殺人鬼があぶり出す「悪の本質」とは

テッド・バンディ
©2018 Wicked Nevada,LLC

1970年代に30人以上の女性を惨殺し、“シリアルキラー”の語源となった連続殺人鬼テッド・バンディ。端正な容姿とIQ160の頭脳を併せ持つテッドは、巧みな弁舌とカリスマ性で司法とメディアを翻弄。刑務所には女性からのファンレターが連日寄せられた。脱獄を繰り返し、死刑判決を3度受けるも無罪を主張。世間の注目を集めた裁判には大勢の傍聴人が押し寄せ、史上初のテレビ中継をも行われた。バンディは法的能力を認められ、自らの弁護人として法廷にも立ったのである。

この稀代の殺人鬼に、2つの角度から迫ったフィルムメーカーがいる。ドキュメンタリー映画監督ジョー・バリンジャーだ。2019年、監督はバンディ本人への取材テープなどから事件と人物像に迫ったNetflixオリジナルのドキュメンタリー作品「殺人鬼との対談: テッド・バンディの場合」と、『ハイスクール・ミュージカル』『グレイテスト・ショーマン』のザック・エフロンを主演に迎えた劇映画『テッド・バンディ』を放ったのである。

『テッド・バンディ』が12月20日(金)に日本公開を迎えた今、THE RIVERはバリンジャー監督を直撃した。なぜテッド・バンディなのか、なぜザック・エフロンだったのか。そして何を描きたかったのか。監督にとって、実在の事件を扱う責任とはいかなるものか。作品と創作の真髄を垣間見られる貴重な言葉を、なるべく余すところなくお届けしたい。

テッド・バンディ

テッド・バンディと現代

──「殺人鬼との対談: テッド・バンディの場合」と『テッド・バンディ』、どちらも大変面白く、また興味深く拝見しました。最初に、2019年の今、テッド・バンディという人物を扱おうと決めた理由をお聞かせください。

もともとは2017年の1月に、『Ted Bundy : Conversations with a Killer』(ノンフィクション本)を書いたヒュー・エインズワースから連絡があったことがきっかけでした。「10年以上前に本を書いたんですが、ご存知ですか」と。僕は犯罪ノンフィクションの大ファンなので、もちろん知っていました。その時、彼から「本を書く時に使ったテープが見つかったのだけれど、このテープでドキュメンタリーを作れないか」という申し出があったんです。

最初は自信がなかったので、「テッド・バンディの作品はすでにたくさん作られていますから、やれるかどうか…」とお答えしました。「テープのサンプルを聴かせてください、感想をお伝えします」と言って。それで聴き始めたら、止まらなくなってしまった。すごく有意義、また魅力的で。その時に、ドキュメンタリーとして、バンディの物語を新たに描けると思ったんです。彼自身の言葉を借りて、自分の物語を語る殺人者の精神に焦点を合わせるのは良いアプローチだと。2019年1月には、彼の死刑執行から30周年を迎えるということもありました(※1)。そこで「作れると思います」とお話ししました。テープをNetflixに持って行き、「こういう作品に興味はありますか?」と聞いたら、幸いにも乗ってくれたんです。

それからもうひとつ、この物語を語るべきだと思った理由があります。僕には20歳と24歳の娘がいて――それぞれ良い大学に通っていて、賢い友人がたくさんいるんですが――電話で「テッド・バンディを知ってるか?」と聞いたら、2人とも知らなかった。だから「友達にも聞いてみて」と頼んだのですが、ほとんど誰もテッド・バンディを知らなかったんです。このことが切実な理由になりました。若い世代には、バンディから学べる教訓が非常に重要だと思います。つまり、これこれこういう見た目や振る舞いの人だからといって、無条件に信じられるわけでも、信じるべきでもないということです。

【※1】「殺人鬼との対談: テッド・バンディの場合」は2019年1月24日、バンディの死刑執行当日にNetflixにて配信開始となった。

──その当時から『テッド・バンディ』を作ることも計画されていたんですか?

僕が計画したことではなく、運とタイミングに恵まれました。そういう運命だったんですよ。最初は脚本のある映画を作ると思っていなかったので、ふたつの企画をほぼ同時にやることになって、自分でも驚きましたね。(ドキュメンタリーの)製作が始まって数ヶ月が経ってから、エージェントを相手に、これがいかに良いプロジェクトか、いかに説得力のある番組になるかということを喋りまくっていたら、彼が、『テッド・バンディ』という脚本がハリウッドのブラックリスト【※2】に載っていることを思い出してくれたんです。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly