Menu
(0)

Search

『TENET テネット』公式完全読本、9月18日発売決定 ─ フルカラー156ページで紐解く、クリストファー・ノーランの頭脳

「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』が、2020年9月3日(木)の米国公開に先駆けて、8月26日(水)から欧州・アジア圏を皮切りに世界各国で順次公開となる。日本国内は当初の予定から変更なく、9月18日(金)に全国公開予定だ。

このたび、日本公開日の9月18日(金)に、制作の舞台裏を完全網羅した公式完全読本「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」の発売が決定。フルカラー・全156ページにもおよぶ1冊から、その内容が一部お披露目となった。

「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

クリント・イーストウッド特集

クリストファー・ノーランといえば、並々ならぬリアリティの追求によって、どんな状況でも実写撮影に挑戦することで知られる。本作では「未来へ進む者」と「時間を逆行する者」が交錯するアクションをはじめ、空前の映像が観客の常識を激しく揺さぶることになる。

本書には、そんな未知の映像体験がいかにして生み出されたのか、膨大なメイキング写真とともに、クリストファー・ノーラン監督や撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマ、美術監督のネイサン・クローリーによる詳細な解説が掲載されている。人物設定に基づいた緻密な衣裳デザイン、世界中のロケ地についての解説、動きを図解した設計図などは、鑑賞後に謎を解決する手がかりとして役立つこと間違いなし。監督の独創的なヴィジョンを紐解き、鬼才の頭の中をのぞき見できるファン必携の1冊だ。

「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」

「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
タイトル 「メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場」
著者/翻訳・監修 著者:ジェイムズ・モトラム
翻訳:富原まさ江、監修:神武団四郎
発売日 2020年9月18日(金)
仕様 B4横変型判/156ページ(フルカラー)
定価 本体6,000円+税
発売・発行 玄光社

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)全国公開予定

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly