Menu
(0)

Search

『TENET テネット』に注がれる業界復活の期待、ノーラン監督はプレッシャーをどう考える

TENET テネット
Tenet (c)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

クリストファー・ノーラン監督の最新作TENET テネットが、2020年8月26日から世界各国にて順次公開されている。本作はポスト・コロナにおいて初めて登場するハリウッド大作映画として、業界から“復活”の期待を受けている状況だ。しかし当のノーランは、あくまでもそうしたプレッシャーからは自由な態度を表明している。

CNA Lifestyleの取材にて、本作が「映画の救世主」といった形容を受けていることの感想を問われたノーランは、「僕が責任を負えるのは、できるかぎり最高の映画を作るということだけ」と語った。「映画(cinema)というものは、あらゆる意味で、一本の作品よりも大きいものです。僕が思うに、人は物事をちょっと単純化して考える傾向があります。特にこういう状況だとね」

米国にて映画館の営業が中断され、再開時期が定まらなかった頃、ノーランは『TENET テネット』をなるべく当初の予定通りに公開できるようワーナー・ブラザース側に働きかけていたとされる。その真相をノーラン自身は明かしていないが、「営業可能な映画館では上映してもいいとスタジオが判断してくれたことに、ただ僕は感謝しています」と述べた。「確かに製作中に想像していた公開の形ではないけれども、当時の想像とは世界そのものが違ってしまっている。誰しもそうであるように、そのことには対応しなければいけません」。

そしてノーランは、一連のコメントを観客への感謝で締めくくった。「世界中にいる観客のみなさんが、この作品に反応できるようになってきたことを本当にうれしく思っています。フィルムメーカーとしては、観客に映画を観てもらい、どうだったかを聞かせてもらって、ようやく映画が完成すると思うから」。

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)全国公開。

あわせて読みたい

Source: CNA Lifestyle

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly