Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』でIMAXの世界累計興収が1兆2000億円に到達

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ロバート・パティンソンが新星バットマンを演じる『THE BATMAN-ザ・バットマン-』が米国公開から3週目の週末を迎えたが、同作の大ヒットにより、IMAXの世界累計興行収入が100億ドル(約1兆2000億円)を突破したことが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

『ザ・バットマン』は公開から6億ドル近くの世界興収を叩き出し、そのうちIMAXの収益は4,760万ドルに。北米における3億100万ドルの興収の内訳では2,850万ドルがIMAXによる売上となった。米国での公開3週目の週末興収は3,680万ドルで、そのうちIMAX上映の売上は230万ドルとなっている。

また本作は、中国で3月3週目の週末に440のIMAXスクリーンでデビューし、その興収は200万ドルに。これは同国のオープニング週末興収で上げた1,210万ドルの17%に相当する数字だ。

米IMAX社は、クリストファー・ノーラン監督やジョーダン・ピール監督をはじめとするフィルムメーカーと共同で新型のカメラを開発すると発表したばかりだが、将来的にIMAXの需要がさらに高まっていきそうだ。

コロナ禍をもろともせずに驀進中の『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は日本公開中。

※訂正:記事初出時に誤記がございました。お詫びして訂正いたします。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly