Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』続編、主演ロバート・パティンソンは説明受けていない ─「監督はひとつの企画に専念する主義」

THE BATMAN-ザ・バットマン-
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

2022年3月4日に米国公開された『THE BATMAN -ザ・バットマン-』。批評家および一般客から高い評価を獲得しており、早くも続編への期待が高まっている本作だが、主演のロバート・パティンソンいわく、監督から続編については何も知らされていないのだという。

日本に先がけて世界各国で公開を迎えた『THE BATMAN -ザ・バットマン-』は、各国で記録的な興行収入を叩き出しており、米国では1億2,850万ドルのメガヒットスタートとなった。コロナ禍で全米週末の興行収入が1億ドルの大台を超えた作品は、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)以来となる。

この度、Varietyのインタビューにてロバート・パティンソンは、『ザ・バットマン』の企画・製作段階から続編の構想について、マット・リーヴス監督から説明を受けていたのか否かと質問されたところ、「なかったと思います」と回答している。パティンソンによると、リーヴス監督は一先ず本作を完成させることに専念していたのだという。

「彼はこの映画の構想から完成までに5年を費やしました。とにかく本当に一途と言いますか、ひとつのプロジェクトに専念する主義の方なんだと思います。だから、この映画が公開されるまでは、次の段階については考えないのではないでしょうか。あるいは考えていて、まだ僕に話していないのかもしれません。」

本作で描かれるのは、ブルース・ウェインがバットマンとなって2年目の物語。このバットマンのストーリーは序章に過ぎなさそうだが、リーヴス監督は続編の製作には急がないことを明かしながらも、「もし成功したら、伝えたい物語がたくさんあります」と前向きな姿勢を示していた

一方、プロデューサーのディラン・クラークは続編製作を前提にしながら、「公言してしまいますが、5年以内には公開されるでしょう」と打ち明けていた。公式発表が待たれるところだが、まずは、3月11日に公開される日本での興行的成功を祈りたい。

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly