Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』続編公開は「5年以内」とプロデューサーが明言 ─ マット・リーヴス監督は製作を急がない姿勢

ザ・バットマン
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

間もなく日本に上陸するDCコミックス最新作『THE BATMAN-ザ・バットマン-』には、早くも続編製作を望む声がインターネット上で聞こえてきている。バットマン単独映画といえば、その多くがシリーズ化されているが、ロバート・パティンソン主演で始動する最新版でも続編は期待できるだろうか。

このたびなんと、『ザ・バットマン』でプロデューサーを務めるディラン・クラークが、続編製作を前提にしながら公開時期についても言及している。米Comicbookとの取材で、クラークは「公言してしまいますが、5年以内には公開されるでしょう」と明かしたのだ。

5年以内というと遅くとも2027年には、パティンソン版バットマンの第2章がやってくることになる。果たして脚本・監督を担当したマット・リーヴスも同じ意見なのだろうか。リーヴス監督は以前、続編について製作を急いでいないことを明かしており、その表現として「長い昼寝をすることになる」という言葉を用いていた。

一方、リーヴス監督はシリーズ化の為のアイデアが存在していることも話しており、「もし成功したら、伝えたい物語がたくさんあります」と前向きな姿勢を示してもいた。いずれにせよ、続編製作に乗り出すとなるとスタジオ側には早急な判断が求められそうだが、ひとまずは1作目の成り行きを見守るほかなさそうだ。

ちなみに、クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジーは、それぞれ2005年、2008年、2012年に公開され、最大4年の間隔が空いている。

あわせて読みたい

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly