Menu
(0)

Search

DC映画「ザ・バットマン」撮影が終了 ─ コロナ禍での長丁場乗り越えて

ザ・バットマン
https://twitter.com/mattreevesLA/status/1370713669127012352

ロバート・パティンソン主演、DC映画『ザ・バットマン』の撮影が遂に終了を迎えた。監督・脚本を務めるマット・リーヴスらが報告している。

『ザ・バットマン』の撮影は、2020年1月下旬に開始されていたが、3月中旬にコロナ禍の影響で中断。約5ヶ月半の休止期間を経て、8月末に撮影が再開されるも、その直後にロバート・パティンソンの新型コロナ感染が発覚し、再び2週間の撮影中断となっていた。

休止期間も含めると1年以上にわたって実施された撮影の終了にあたりリーヴス監督は、2021年3月12日(現地時間)に行われた最終日を自身のTwitterで報告。撮影用クラップボード(カチンコ)が大切に保管されている。

ジェームズ・ゴードン役のジェフリー・ライトは、長丁場となった撮影に「ゴードンも終わり…とりあえずは」と安堵の様子をTwitterで綴っている。

今後は、2022年3月の公開に向けて、ポストプロダクション(撮影後作業)に入っていく模様。随時、追加撮影・再撮影も行われていくことになる。

ライトのほかキャストには、主人公バットマン役で『TENET テネット』(2020)でロバート・パティンソン、キャットウーマン役で『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018)のゾーイ・クラヴィッツ、ペンギン/オズワルド・コブルポット役でコリン・ファレル、リドラー/エドワード・ナッシュトン役でポール・ダノ、ジェームズ・ゴードン役でジェフリー・ライト、カーマイン・ファルコン役でジョン・タトゥーロ、執事アルフレッド役でアンディ・サーキスが名を連ねている。

『ザ・バットマン』は2022年3月4日に米公開予定。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly