【混乱】ベン・アフレック版『ザ・バットマン』年内に撮影開始?デスストローク役俳優が発言

ベン・アフレックが脚本・監督・主演を務める『ザ・バットマン(仮題)』の現状がよくわからないことになっている。ヴィラン・デスストローク役で出演するジョー・マンガニエロが、同作の撮影が年内に始まると話したのだ。

しかしマンガニエロは、10月中旬の時点で、『ザ・バットマン』の撮影は2017年の春にスタートすると述べていた。9月下旬には、タイム・ワーナー社のCEOが2018年春の公開を示唆する発言をして話題を呼んだ(記事)が、いったい製作スケジュールはどうなっているのだろうか……。

ベン・アフレック版『バットマン』2017年春に撮影開始!やはり劇場公開は2018年か

今回マンガニエロが登場したのは、スポーツ・トーク番組「リッチ・エイセン・ショー」だ。番組中に『ザ・バットマン』の話題を振られた彼は、「なんにも言えないんだ。曖昧にしか話せない」と前置きしてから、映画の内容について「ゴッサムと、コウモリみたいな格好をした男の話だよ」とごまかしている。しかし自身が演じるデスストロークについては、「世界一恐ろしい片目の暗殺者だ」と真面目な表情で話した。

もっとも番組のMCを務めるリッチ・エイセン氏は、『ザ・バットマン』の情報をほぼ知らなかったようだ。撮影は終わっているのか、と尋ねられたマンガニエロはこう答えたのである。

「いいや、今年のどこか(at some point this year)で始まるみたいだ」

この発言をあくまで言葉通りに受け取れば、『ザ・バットマン』の撮影は残り1ヶ月を切った2016年内に始まることになる。アフレックによれば、脚本作業は10月末の時点で大詰めを迎えている(記事)ため、完全にありえないとは言い切れないスケジュールだ。しかし”year”を「年度」だと考えれば、撮影は2017年8~9月までのどこかで始まるわけで、マンガニエロ自身が語った「2017年春」という情報とも矛盾は生じない。

すなわち、主に考えられる可能性としては、マンガニエロが単に口を滑らせただけか、俳優の参加しない撮影が今年中に始まるか、あるいは本当に年内にスタートするか、のいずれかだろう。

はっきり公開日が明かされていない状況で、さまざまな噂も飛び交っているだけに、関係者からの情報がなにかと気になる『ザ・バットマン』。なんでも、なんでもいいから公式情報を!

ベン・アフレック版『ザ・バットマン』は驚きの新解釈、かつ「バットマンらしい」映画に!デスストローク役俳優が大興奮

source: http://comicbook.com/2016/12/06/joe-manganiello-discusses-when-ben-afflecks-batman-starts-filmin/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=G8iYXZmbnQ8

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。