Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」最初は映画として検討されていた ─ ドラマとなった複雑な経緯、セス・ローゲンが説明

ザ・ボーイズ シーズン2

今やAmazon Studiosが誇る大人気ドラマシリーズとして知られるザ・ボーイズ」(2019-)は当初、映画として製作が検討されていたという。「ザ・ボーイズ」の発掘者とも言える俳優・プロデューサーのセス・ローゲンが、制作スタジオとの間で起きた当時の複雑な経緯を明かしている。

2006年に原作コミックが出版されてから10年後の2016年、現在に至るドラマの製作が発表された。しかし、ドラマで製作を務めるセス・ローゲンが米YouTube番組First We Feastに語ったところによれば、ガース・エニスによるコミックの映像化までには紆余曲折があったようだ。

「僕とエヴァンは、ガース・エニスの大ファンでした。彼は『プリーチャー』を書いた人でもありますけど。(『ザ・ボーイズ』の)第1巻が出た時に、僕たちは“なんじゃこれ、最高の映画になるじゃないか”と思ったんです。なんでもない人がスーパーヒーローと戦うんですから。」

「ザ・ボーイズ」の映画としての可能性を見出したローゲンと彼の長年のビジネスパートナーであるエヴァン・ゴールドバーグは、さっそく米ソニー・ピクチャーズとプロデューサーのニール・H・モリッツ(『ワイルド・スピード』のプロデューサーとして知られ、「ザ・ボーイズ」でも製作を担う)に企画を持ち込んだのだという。ローゲンいわく、スタジオ側も「うん、これは素晴らしい映画になる。権利を買いますね」と好感触を示したのだとか。しかし、ここから、ローゲンたちが想像していたものとは違う方向に話が進んでいってしまう。ローゲンはこう続ける。

実際に彼らは(権利を)買いました。でも僕たちのことを脚本家として起用しなかった。しかも、(映画ではなく)作品形式も問わずって感じで(笑)。結局、他の人が雇われて企画が進んでいったんですけれど、10年くらいして僕達のもとに話が戻ってきたんです。その間、いろいろと試されてきたんでしょうね。そこで僕たちはドラマとして作ることに切り替えたんです。」

ローゲンらは出版されたての第1巻を読んですぐに行動を起こしたというから、最初に映画として提案されたのは2006年ということになる。もしも企画が紆余曲折せず、最初からローゲンらの手で進められていたら、「ザ・ボーイズ」はもう少し早く世に出ていたかもしれない。

ドラマ「ザ・ボーイズ」が開始した時、スーパーヒーロージャンルはマーベル・スタジオとDCコミックスによる2大巨塔だった。この構図は今も保たれたままだが、「ザ・ボーイズ」の台頭によって少なくともスーパーヒーロー作品への新たな価値観が生み出されたはずだ。「ザ・ボーイズ」は、本来正義の象徴であるはずのスーパーヒーローが実は腐りきったクズだった……というお話。ローゲンが言うように“なんでもない”寄せ集めの人間たちが力だけは最強のヒーローたちに立ち向かっていくのだ。

どうやらローゲンは、そんな「ザ・ボーイズ」についてマーベルやDCコミックスでも太刀打ちできないような自負ポイントがあるという。「彼らには限界がある。もし10インチものチ◯コで誰かを殺せてしまうキャラクターがいたら、彼らのブランドに傷がつくでしょう」。そう、シーズン2で実写初登場を果たし、話題となったラブ・ソーセージのことだ。モラルお構いなしなところが、「ザ・ボーイズ」の強みなのである。

Source:First We Feast

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly