Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」シーズン3、ストームフロント再登場か ─ ヴォート社の情報番組VNN、衝撃の事実を伝える

ザ・ボーイズ シーズン2

人気“スーパーヒーロー”ドラマザ・ボーイズ」のシーズン3に、シーズン2で大暴れしたキャラクターが再び登場するかもしれない。ヒーローチーム、セブンのメンバーとして登場したストームフロントだ。

衝撃のニュースを伝えたのは米VNN。「ザ・ボーイズ」に登場するマンモス企業ヴォート社が傘下に置くテレビ局Vought News Networkだ。VNNは、毎月7日にヴォート社擁するヒーローチームであるセブンに関する新着情報を伝える番組をYouTubeで配信している。4週目となった2021年10月の回では、驚愕のニュースが舞い込んできた。

ニュースキャスターのキャメロン・コールマン(演:マシュー・エジソン)は、「危険な嵐が荒れ狂う(A Dangerous Storm Rages On)」と記されたヘッドラインのニュースを紹介。「厳重に幽閉されているはずのストームフロントの言葉が、次のような恐ろしい抗議活動を行うアメリカ人の集団に共鳴しているようです」と報じている。

ストームフロントは、シーズン2からセブンの新メンバーとして加入した。SNS上でのファンとの交流を通して、チーム上位の人気を獲得していったストームフロントだったが、同時に裏では過激思想も持つヤバいキャラクターであることが判明。シーズン2は、ストームフロントのその後が気になるような展開で幕を閉じている。

続くコールマンによる「支持者たちは自分たちを“ストーム・チェイサー”と呼び、彼らはストームフロントが持っていたビジョンを追い続けるために進み出た」という報道からは、消滅したと思われたストームフロントの脅威が、シーズン3でも依然として続いていることがうかがえる。ストーム・チェイサーの行動について、コールマンは以下のように続けている。

「彼らは比較的、平和的であるようですが、一方で武装したストームチェイサーたちは、ストームフロントの居場所を公にすることを訴えながら、表現の自由に関する憲法上の権利の行使を求めています。この騒ぎに、ヴォート社の上層部は今のところ沈黙を貫いています。」

ストームフロントの再登場は、演じたアヤ・キャッシュが2021年初頭から実施されていたシーズン3の撮影に参加していないことを明かしていたこともあり定かでない。いずれにせよ、この“ストーム・チェイサー”たちが、シーズン3でどれほどの影響を及ぼしていくことになるかは重要な着眼点になってくるだろう。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly