Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」スピンオフドラマ、若手ヒーロー役の初キャスト2名が発表 ─ まもなく本格始動へ

ザ・ボーイズ シーズン2

人気Amazonオリジナル作品「ザ・ボーイズ」(2019-)スピンオフ作品より、初のキャスト情報が到着だ。主要キャストとして、「サブリナ:ダーク・アドベンチャー」(2018-2020)のジャズ・シンクレアと、『帰ってきたアメリカン・パイ アゲアゲJKニュー・ジェネレーション』(2020)リゼ・ブロードウェイの出演が発表された。米Varietyなどが報じている。

タイトル未定の本作は、「ザ・ボーイズ」シーズン2の好評を受けて、2020年9月に製作が決定している。舞台は、若いスープス(スーパーヒーローたち)をアメリカで唯一受け入れる“ヴォート社”経営の大学。最高の街で最高の契約を勝ち取るべく、肉体的、性的、倫理的な境界全てを試す、ホルモンと闘争心全開のスープスたちが描かれるという。

このたび出演が決まったシンクレアとブロードウェイは、それぞれ米国で活躍する新鋭女優。それぞれ、マリーとエマという若いスーパーヒーローを演じることになる

これまで、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」(2009-2017)や『ペーパータウン』(2015)などに出演を重ねてきたシンクレアは、このたびの起用に「嘘でしょ!文字通り夢が叶いました!」と興奮冷めやらぬ様子でInstagramに喜びを綴っている。なお、彼女が演じるマリーは「イカしている(badass)」キャラクターだという。

View this post on Instagram

A post shared by Jaz (@jaz_sinclair)

一方のブロードウェイも、2010年から継続的にドラマや映画に出演してきた。本作への出演決定には「オーマイガー」とInstagramに投稿し、シンクレアと同様に夢うつつの様子。「このユニバースの一部となれてとても感謝しています」と伝えた。

パイロット版の脚本・ショーランナー・製作総指揮は、「ザ・ボーイズ」製作・脚本のクレイグ・ローゼンバーグが務める。ほかオリジナル版から、エリック・クリプキや製作総指揮のセス・ローゲン、ニール・H・モリッツらも製作に名を連ねている。報道によれば、製作の米Amazon Studiosは、本作の発注を間もなく正式に出す見込みだという。本格始動も間もなくだ。

あわせて読みたい

Source: Variety, Jaz Sinclair Instagram

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly