次代のスター俳優が集結!SNS映画『ザ・サークル』の若き出演者たちに注目せよ

エマ・ワトソン&トム・ハンクスという2大スターの共演で話題の映画『ザ・サークル』は、超巨大SNS企業〈サークル〉を舞台に、過剰に進行してしまった現代のSNS社会、ひいてはあらゆるデータを管理しシェアすることで生まれる監視社会の光と影を描いたサスペンス・エンターテインメントだ。

本作の見どころは、なんといっても同時代性を強く帯びたテーマとストーリー、そして『美女と野獣』(2017)の大ヒットが記憶に新しいエマ・ワトソン&言わずと知れた名優トム・ハンクスの演技合戦だろう。しかし同時に見逃せないのは、本作に起用された、ハリウッドの次代を担う豪華若手俳優陣の顔ぶれである。


『ザ・サークル』ストーリー

世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業〈サークル〉。創始者でありカリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)が掲げる理想は、全人類がすべてを隠す事なくオープンにする“完全な”社会だ。大きな輪を意味する〈サークル〉では、誰もがいつでもつながりあい、互いの体験をシェアしあい、最高に刺激的な毎日を送ることができる。

憧れの最先端企業〈サークル〉社に採用され、日々奮闘する24歳の新人・メイ(エマ・ワトソン)は、ある事件をきっかけにベイリーの目に留まり、新サービス〈シーチェンジ〉の実験モデルに大抜擢される。至るところに設置された超小型カメラにより自らの24時間をすべて公開したメイは、あっという間に一千万人を超えるのフォロワーを獲得し、アイドル的な存在となる。ベイリーの理想「全人類の透明化」を実現するため、更なる新サービス〈ソウルサーチ〉の公開実験に臨むメイ。だがそこには思わぬ悲劇が待ち受けていた。あまりにも膨大な善意の渦に隠された〈サークル〉の重大な欠陥に気付き始めるメイだったが——。

ハリウッドの未来を担う3人の俳優

ジョン・ボイエガ

まず一人目に注目したいのは、〈サークル〉の人気サービスを開発した張本人でありながら、その未来に危機感を抱く男タイ・ラフィートを演じるジョン・ボイエガだ。『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)に始まった『スター・ウォーズ』新3部作で主要キャラクターのフィン役に抜擢され、世界から熱い視線を注がれている人物である。

ザ・サークル

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

2011年、イギリス発のアクション映画『アタック・ザ・ブロック』に主演して演技を高く評価されたジョンは、のちに『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でタッグを組むJ.J.エイブラムス監督から「作品に出演してほしい」と熱望されたという逸話の持ち主。
フィン役で大作映画デビューを果たしたあとは、本作『ザ・サークル』のほか、人気映画『パシフィック・リム』(2013)の続編である『パシフィック・リム:アップライジング』(2018年4月公開)の主人公にも抜擢されている。そのほか、『ハート・ロッカー』(2010)や『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)など硬派な社会派映画を手がけるキャスリン・ビグロー監督の最新作『デトロイト』(2018年1月26日公開)でも主演を務めるなど、ジャンルを問わずボーダレスな作品選びに注目だ。もちろん、『スター・ウォーズ』シリーズの最新作である『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の劇場公開も2017年12月15日に控えている。

カレン・ギラン

エマ・ワトソン扮するメイの親友で〈サークル〉の幹部候補、しかしメイに追い越されたことで変貌していくアニー役に起用されたのは、1987年生まれの注目女優カレン・ギランだ。

ザ・サークル

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ(2014, 2017)で姉への復讐に燃えるネビュラ役を演じてブレイクを果たした彼女は、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018年春公開)でメインキャストに起用されるなど、さらなる活躍が期待される。もちろん、マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日公開)にもネビュラ役で登場する予定だ。
ちなみにカレンの特徴は、『オキュラス/怨霊鏡』(2013)や『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)、『バレー・オブ・バイオレンス』(2016)など渋いながらも確実なフィルモグラフィにある。2018年には自身が脚本・監督を務めた『パーティーズ・ジャスト・ビギニング(原題:The Party’s Just Beginning)』が米国公開されるなど、クリエイターとしての活動も見逃せない。

 

エラー・コルトレーン

最後にご紹介するのは、主人公メイの幼馴染であり、リアルな絆を求めるマーサー役に起用されたエラー・コルトレーンである。まだ注目度は高くないものの、なんといっても『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)に主演し、12年間の成長をスクリーンに刻み込んだ経歴は映画ファンなら誰もが知るところだろう。今後さらなる活躍が見込まれるだけに、その最新の演技をチェックしておきたい人物だ。

ザ・サークル

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

『ハリー・ポッター』シリーズで一躍スターの座へと駆け上がったエマ・ワトソンを含め、『ザ・サークル』で主要キャラクターを演じる4人の若き才能は、いずれも今後のハリウッドを牽引していくに違いない次代のスター俳優たちだ。彼らが織りなすアンサンブルはもちろんのこと、トム・ハンクス、ビル・パクストンといったベテラン俳優陣との組み合わせをぜひ堪能してほしい。

映画『ザ・サークル』は2017年11月10日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ ほか全国の劇場にて公開中(配給:ギャガ)。

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。