Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ衝撃展開のウラ側

クーリエ:最高機密の運び屋
© 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ベネディクト・カンバーバッチ主演、キューバ危機の裏で核戦争回避に奔走した2人の男の実話ドラマを描く『クーリエ:最高機密の運び屋』が公開中だ。

1960年代、米ソが核戦争の寸前まで駒を進めてしまった極限状況下が舞台のスパイ・スリラー。『アベンジャーズ』シリーズなどで絶大な人気を誇るカンバーバッチが、普通のセールスマンから極秘スパイに転じることになった男を演じている。

この実話物語の終盤で、カンバーバッチが演じるグレヴィル・ウィンには、衝撃的な展開が待ち受けている。観客も驚かされるシーンが続いたが、撮影はいかにして行われたのか。THE RIVERが、ドミニク・クック監督への単独インタビューで聞いた。

この記事には、『クーリエ:最高機密の運び屋』のネタバレが含まれています。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly