Menu
(0)

Search

『クーリエ:最高機密の運び屋』監督に訊く、歴史のウラ解説【インタビュー】

クーリエ:最高機密の運び屋
© 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ベネディクト・カンバーバッチ主演、キューバ危機の裏で核戦争回避に奔走した2人の男の実話ドラマを描く『クーリエ:最高機密の運び屋』が、2021年9月23日より日本公開を迎えた。『アベンジャーズ』シリーズなどで絶大な人気を誇るカンバーバッチが、普通のセールスマンから極秘スパイに転じることになった男を演じている。

監督は、シアーシャ・ローナン主演のイギリス映画『追想』(2017)で知られるドミニク・クック。もともと演劇畑の出身で、「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠(シーズン2)」(2016)などを手掛けている。カンバーバッチとは「リチャード三世」でも共にしており、『クーリエ』では初タッグ。THE RIVERではクック監督に単独インタビューを敢行。収録時(2021年9月)は「コロナ禍以降初めて手掛ける舞台のリハーサル期間中」と近況を伝えてくれたクック監督は、『クーリエ』にまつわる様々な裏話を聞かせてくれた。

クーリエ:最高機密の運び屋
『クーリエ:最高機密の運び屋』ドミニク・クック監督

© 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『クーリエ:最高機密の運び屋』ドミニク・クック監督 単独インタビュー

──本作『クーリエ:最高機密の運び屋』は、1960年代の東西冷戦下を舞台に、キューバ危機の裏でスパイとしてリクルートされることになった一般セールスマンの手に汗握るドラマが描かれます。歴史の裏を描く実話ものですが、手掛けることになった経緯はどういったものでしょう?

前作『追想』を終えた頃にエージェントから様々な脚本が送られてきて、その中でも今作の脚本がすごく心に残ったんです。こんな物語があったとは知らず、非常に心動かされました。スパイ映画といえば冷たい印象になりがちですが、これはエモーショナルな温かみがあるので珍しいなと。それに、友情の物語でもある。脚本を一度読んで、すぐにこの作品に飛びつきました。

──本作はスパイ・スリラーですが、ジェームズ・ボンド映画のような秘密の武器やガジェットは登場しない、非常にリアルなスパイ活動が描かれますね。

実話のスパイ映画でありながら、人間らしさがあるところが良いです。スパイ行為に伴う、個人としての代償やリスクが描かれる。それがどれだけ危険であるかがわかるからこそ、その裏にあった勇敢さの意義が深まるのだと思います。この映画の登場人物は、自分の家族や子どもの命を危険にさらしています。肉体的なものだけでなく、精神的なものも描かれるところが、他のスパイ映画との違いですね。

クーリエ:最高機密の運び屋
© 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

──主演のベネディクト・カンバーバッチ(グレヴィル・ウィン役)とは本作以前にも一緒に舞台をやっていますよね。彼の起用は自然なことでしたか?

はい。すぐに決まりました。彼なら完璧だろうと思ったんです。この役へも適齢ですしね。彼の演技なら以前にも見ていますので、役の表面的なところも、内側の深いところも演じられるはずだとわかっていました。彼も即決してくれて、すべてがあっという間に決まっていきました。私が脚本を読んで、この話を彼に持ちかけて、たまたま彼のスケジュールも空いていて、そこからすぐに始動しました。なかなかないことですよ。

カンバーバッチは、今役者として良い時期にいると思います。深みも出て、経験もたくさん積まれました。ものづくりの真髄がわかっている状態です。これからも素晴らしい仕事を続けてくれると思います。

──カンバーバッチといえば、『ドクター・ストレンジ』といったスーパーヒーロー役でおなじみです。でも、真のヒーローは世界の危機を未然に防ぐものですよね。『クーリエ』は、歴史に葬られたヒーローの物語だと思います。

神話的なスーパーヒーロー物語というよりは救世主の物語ですが、そうですね。歴史上の事実としては、西側の人々はフルシチョフについて誤った判断をしていました。彼は残虐だったスターリンに続きましたが、彼のほうがソフトだったので、コントロールできるはずだと思っていた。でも実際は違ったんです。彼は、人々がまったく想像していなかった方向に進み始めた。非常に危険な状態に陥りました。この映画で描かれる2人は、結果的にこの問題を解決する中心人物になっていきます。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly