Menu
(0)

Search

『ザ・フラッシュ』テスト試写は「大好評」 ─ スタジオ側も「高い期待」、現行版リリースを死守する意向

ジャスティス・リーグ
JUSTICE LEAGUE and all related pre-existing characters and elements TM and © DC. Justice League and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

DCコミックス最新作『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』のテスト試写が、スタジオ関係者向けに実施されていたようだ。米Varietyによると、作品は「大好評」を得ており、米ワーナー・ブラザースも「高い期待」を寄せているという。

『ザ・フラッシュ』は、映画版フラッシュ/バリー・アレン初の単独映画。DCコミックスがマルチバース展開に本格的に乗り出す最初の作品としても注目を集めている。米公開は約1年後の2023年6月。テスト試写が行われているということは、ポストプロダクション(撮影後作業)のプロセスが一山越えたということでもありそうだ。

一方、本作については、2022年3月〜4月にかけて2度逮捕されたエズラ・ミラーの一連の行動が要因で、予定通りの公開が不安視されてもいるのが現状。この解決策として、ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)でフラッシュ役を演じているグラント・ガスティンの代役起用案もインターネット上では顕著に見られていたが、製作の米ワーナー・ブラザースは現行版を貫く意向が判明済み。Varietyにコメントを寄せた内部関係者も、ポストプロダクションに入った状況での代役起用については、金銭面を懸念した上で「映画全体を撮り直さないことには、ミラーの代役を立てることは不可能」としている。

こうした経緯を考慮に入れた上で、テスト試写が開始されていることを踏まえると、やはり『ザ・フラッシュ』はミラーの主演で完成が見込まれているようだ。関係者の間で「大好評」を得た本作一番の課題は、無事封切りを迎えること。なお記事では、「大きな批判を招かずに(劇場公開を)実現させるための選択肢」として、「ミラーがおとなしくしていること」と提示されている。

『ザ・フラッシュ(原題)』は2023年6月23日米公開予定。

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly