Menu
(0)

Search

【インタビュー】エル・ファニングが「THE GREAT」にこめたコメディ、美徳、フェミニズムとは

THE GREAT
Copyright © 2021 MRC II Distribution Company, L.P.

──常に史実に基づいているわけではないキャラクターをどう演じましたか?史実から変えたところと、変えなかったところはありますか?

第1話の撮影を始める本当に最初の頃は、「リサーチした方がいいのかな?歴史の本を読んでおくべきかな?」と思って、ある程度はやりました。そうしたらトニーに「本はもういいから、今回はもうちょっと楽しくやるよ。エカチェリーナの人生の何から何までを知っていなくてもいいんだよ」と言われて。それで気付いたんです。私達がつくる脚本やストーリーこそ、演技の設計図になるんだって。というわけで、史実にそこまで忠実というわけではないんです。

ひとつ学んだのは、彼女がジェットコースターを発明したということ。あまり知られてないですよね?でも調べていたら、すごく彼女っぽいなぁって。ジェットコースターを発明するなんて、きっと面白い女性だったんだろうな、カッコいいなって。夫を失脚させたりとか、そういうことも含めてね。

当時は啓蒙時代だったので、彼女は女性の教育や科学といった素晴らしいことをロシアに持ち込んでいるんです。そういったこともドラマでは触れられています。でも、それと同時に、古臭くて共感しにくいようなものは作りたくなかった。歴史ものって、時々芝居がかっていて、浮世離れしているようなときがありますよね。少なくとも私は、史実はブレンドしながらも、楽しいものを作りたかったんです。

THE GREAT
Copyright © 2021 MRC II Distribution Company, L.P.

──エカチェリーナには逸話がたくさんあって、事実もあれば疑わしいものもあります。何でも、馬とセックスをしたことで死んでしまったとか。脚本を読む前から、そんな彼女のことを知っていたのですか?

悲しいですよね。彼女のこと、ロシアの女帝のことは知っていましたし、有名な噂も知っていました。馬にまつわる噂もね。酷い話だと思います。彼女が国のためにどれだけのことを成し遂げたのか。それなのに彼女はそういった噂で貶められていて……。彼女について語り継ぐべきものは、そんな噂話じゃないはず。私も彼女についてたくさん学びましたし、ドラマではそんな噂についても、面白い形で言及します。でも、もっと大事なことがありますから。今回のドラマでは彼女が輝いていて嬉しいですし、彼女にはそれが相応しいと思います!

──このドラマのコメディ要素といえば、あなたとニコラス・ホルトの絡み合いや繋がりですよね。あの化学反応、おふたりはどのように築いたのでしょう?

私達、ずっと昔に映画で共演しているんですよ。私は14歳で、彼は21歳の頃だったかな(2014年の『マッド・ガンズ』)。そこでも私達は結婚していたんですけど、すごく奇妙で複雑な婚約でした。だから、私達の演技歴としては、「ダメな結婚」は経験済みなんです!

もともとお互いのことは知っていたわけですが、今作で再会できて、とても良い友人になれました。仕事の面でも、現場で彼と一緒になれて嬉しかった。子役として育ったところとか、私達は似たもの同士だからかな。彼もすごく小さい頃から(役者を)やっていますし、私もそう。お互い分かり合えるんですよね。それから、2人ともふざけ合うのも好きですし。そういうところは、ちょっとエカチェリーナとピョートルっぽいかも。

彼が演じるピョートルはとても愉快でカリスマ性があって、実際は邪悪なキャラクターなんですけど、あのニックが演じるから好きになっちゃう。それって本当は難しいことなんですけど、彼は楽々とやっちゃうんですよね。そんな風に尊敬できる人がいると、自分もその人のためにベストを尽くさなきゃって気になる。お互いに切磋琢磨できて、ほんとに完ぺきな組み合わせでした。一緒に台詞たっぷりの長尺シーンに挑むのも大好きなんです。

THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜
Copyright © 2021 MRC II Distribution Company, L.P.

──ピョートルのことを、楽しくて好きになってしまうキャラクターだとおっしゃいましたね。でも第1話を観るかぎりでは、なんて嫌な奴なんだと大嫌いになってしまいました(笑)。脚本や現場で始めてピョートルを知ったときはどんな印象でしたか?

ですよね(笑)。特にパイロット版で最初に(脚本を)読んだときは、「こんなに不愉快で邪悪な人間がいるものなのか」と思いましたよ。恐ろしい人だし、周りの人を脅かして面白がるという、残酷な人。でも、そんなところも第1話だけで、ニックが皮を剥いてくれています。そこで出てきた芯の部分のピョートルって、「大人こども(a man-child)」なんだと思う。オモチャで遊びたい、ママが大好きな小さな男の子。ママのことが恋しいんですよね。エカチェリーナはそんなピョートルの芯の部分を哀れんでいるんだと思います。彼女は彼のことを「ああ可愛そうに」って目で見ますよね。なので私も、ピョートルのことはそんな風に見ています。確かに酷いことをする人ですけど、思っているより賢いんですよ。実は物分りも良い人なんです。今後どうなっていくかが楽しみですね。もしかしたら良い味方になってくれるかも?

──あなたはキャリアの中で、「CSI : 科学捜査班」や「クリミナル・マインド」といったドラマにゲスト出演されていますが、ドラマ主演を務めるのは今作が始めてですね。映画と比べて、どういったプロセスでしたか?

確かに(映画とは)違いがあって、シリーズものは長く時間がかかります。しばらくかけて取り組むものなんです。それでも物事は速いペースで動いていくんです。だから常に忙しなくて、それがずっと続く感じですね。

私の役へのアプローチの仕方は、映画でもドラマでも全部一緒です。そこの部分で違いを感じることはありません。かかる時間は違いますけど、演じることは演じることとして変わらないですね。

──このドラマのタイトルは「THE GREAT」ですが、今作に参加してGreatだったことは何ですか?

うーん、いっぱいありますね。私にとって、エカチェリーナの進む旅路がすごく誇らしく思います。第10話のラストシーンを撮った時、彼女が女性としてどれほど成長したか、そんな彼女にどれほど成りきれたかということが、一番誇らしくて、Greatでした。でも、まだまだ彼女の進む道は続きます。彼女には、まだ成し遂げていないことが沢山ある。それからこのドラマの美しいところは、「運命を全うする」というテーマ。心に強く感じたことをやり遂げる、というものです。エカチェリーナの真の運命は、ロシアを寛容と民主主義の地にするということ。美しいメッセージだと思います。

──日本の皆さんへメッセージをお願いします。

笑って泣いて、何かを学んでいただけたら。このドラマはコメディですが、そこにはリスクもありました。すごくドラマチックなところもあります。そんなところを楽しんで見ていただけたら嬉しいです。1話1時間ですから、全部で10時間ということになりますが、あっという間ですよ。

THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜
Copyright © 2021 MRC II Distribution Company, L.P.

「THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜」は、海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて、2021年2月15日(月)22:00より独占日本初放送スタート。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly