Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』日本版チラシ、海外で話題に

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

2017年12月15日に公開されるスター・ウォーズ・サーガ最新作『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』は、まだまだ謎に包まれた部分が多く、またオフィシャルグッズ等も発売されていない。ファンたちは今現在、2017年4月14日に公開された第一弾予告編を繰り返し観ることでしか、『最後のジェダイ』の神秘性に触れることができないのだ。

ところが、初めて「手にとって触れられる『最後のジェダイ』公式関連物」が登場した。それがコチラの劇場配布用チラシである。

the-last-jedi-2

オモテ面は、先の予告編と同時に解禁されたオフィシャル・ポスター・イメージ。『最後のジェダイ』では、”STAR WARS”のロゴがおなじみの黄色ではなく赤色であるという点もファンにとっては驚きだった。銀河の黒地をバックに黄色(または銀色)の組み合わせが定説だったこれまでのデザイン・イメージに対し、『最後のジェダイ』のポスターは白地に赤。この点においても、今作が過去七作とは明らかに一線を画す、全く新しい”衝撃”をもたらしてくれるであろう事が予想されるのだ。

さて、全国の劇場で配布中のこちらのチラシを日本のスター・ウォーズ・ファンがどれだけ手に取ってくれたかはわからない。おそらく『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』を観に劇場に出掛ける層の多くは『最後のジェダイ』も気になっているだろうから、『リミックス』のお土産に持ち帰った方も多いのではないのだろうか。

海外、一斉にザワつく

この『最後のジェダイ』チラシが、日本国内よりもむしろ海外で”衝撃”をもって話題となっているのだ。

話題となっているのは、チラシ裏面。紙上では、あまりにも大胆なキャッチコピーが赤黒く刻まれている。

the-last-jedi-3

シリーズ史上最も衝撃的な真実が明かされる!

最新作「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」。
それは、ハン・ソロの死によって、NEWジェネレーションへと引き継がれた
鮮やかな<光と闇><善と悪>の壮大なドラマ。
独裁をもくろむファースト・オーダーと、抵抗するレジスタンスが戦う世界で、
フォースの力に目覚めたヒロイン、レイ。
レイとジェダイの騎士唯一の生き残り、ルーク・スカイウォーカーが出会う時、銀河に何が?
そして、父親ハン・ソロを自らの手で殺し、フォースの暗黒面へと堕ちたカイロ・レン。
祖父ダース・ベイダーの跡を継ぐ者として、ファースト・オーダーで頭角を現す彼の野望の行く先は?
さらに、レジスタンスを率いるカイロ・レンの母親レイアと、
ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちの新たなるミッションとは?
ついにドラマは動き出し、謎が謎を呼ぶクライマックスの絶頂へ ─

12.15、前作を遥かに凌ぐ、衝撃に備えよ。

これを受けて、海外ファンは言われた通りにしっかり衝撃に備え始めたようだ。ComicBookMovie.comComic Book.comMovie PilotesquireDork Side of the ForceBioBibleStar Wars News NetTHE CANTINAを始めとする多数のファンメディアは、「日本のチラシが”最も衝撃な真実が明かされる”と約束している」と一斉に報じている。なんと言っても、「シリーズ史上最も衝撃的な真実」なのだ。ダース・ベイダーがルークの父親だったことよりも、カイロ・レンがハン・ソロを殺害したことよりももっと衝撃的なんだから、当然ザワつかずにいはいられない。

「日本のチラシは、ミスリードを誘っているだけかもしれない」「誇張しているんだろう」という指摘も見られる中、日本の宣伝が約束する”シリーズ史上最大の衝撃”とは何なのか、様々な予想合戦も始まっている。やはりレイの出生に関係があると考えられるだろうか。ルーク・スカイウォーカーの娘説はもはや最も安易なファン・セオリーとして取り扱われている風潮もあるので、”史上最大の衝撃”にふさわしいかと言われれば怪しい。むしろオビ=ワン・ケノービの子孫であるという説や、いやいやスノークさんとこの血を引いてるんじゃないかとか、ルークが闇堕ちするんだろうとか、それよりスノークのヤバい正体が明かされるんじゃないかとか、ファンらはしっかり衝撃に備え始めている様子。

また、カイロ・レンについての記述にも注目しておきたい。”父親ハン・ソロを自らの手で殺し、フォースの暗黒面へと堕ちた”とあるが、もともと彼は暗黒面にいなかったという事になるのだろうか。父を殺すことは彼にとって明らかに何らかの儀式的意味合いがあるようだったが、それこそが”暗黒面に堕ちる”ための最後のステップだったと考えるべきだろうか。

the-last-jedi-1

とにかく、「私がお前の父親だ」を凌ぐ衝撃なのだというのだから、現時点で想像がつくはずもない。全ての謎が明かされるのは、2017年12月15日(金)。僕たちも衝撃に備え、心の準備を始めておこう。

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”star-wars-episode8″ sort=”latest_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”20″ custom_title=”衝撃に備えよ” custom_url=”https://theriver.jp/tag/star-wars-episode8/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly